PENTAX K-x

なんか変なの出ましたけど(笑)
PENTAX K-x
http://www.camera-pentax.jp/k-x/
壮絶カラーバリエーション。
ほ、ほしい・・・
で、このカメラはどういうカメラなんでしょう。
こっちにちゃんとした公式ページがありました。
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-x/feature.html
K-mの後継っぽいのでしょうか。
K-mにライブビューと動画機能が追加された感じ。あとCCDがCMOSに変更されています。
レンズキットのみの発売。18-55mmF3.5-5.6、ええと。35mm換算にするときはいくつ掛けるんでしたっけ。1.6?
なんか中途半端なレンズつけられちゃいました・・
他に中途半端といえば、動画が撮れるのにマイク入力端子がない、ライブビューがあるのに液晶画面が動かないなどいろいろありますが、でも頑張っちゃったエントリー機種なのではないでしょうか。

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

紹介するのをうっかりしていた我らが荻窪圭の「デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

単行本: 144ページ
出版社: MdN (2009/5/1)

見開きページ毎に目的に応じた基本テクニックを優しく紹介してあります。
<紹介文>
ちょっとしたコツであなただけのベストショット!
なかなかイメージ通りに撮れない、今まで何気なくシャッターを押していたけどもっとうまく撮りたい、せっかくのデジカメだからいろんなものを撮ってみたい、そんなあなたのためにデジカメ撮影のコツを紹介します。難しいカメラのテクニックや知識はいりません。オートに任せるだけじゃなく少し設定を変えたり、構図を考えたり、演出を工夫するなど、少しのことで写真はぐっとよくなります。 子どもやペットをかわいく、ごはんをおいしそうに、雑貨をおしゃれに、風景をきれいになど、すぐに試したくなるネタが満載です。この本に詰まっているちょっとしたヒントやアイデアをもとに、自分だけの写真を撮り、プリントして飾ったり、ブログやWebに公開して楽しんでください。

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

インターバル撮影

長年使用していて、インターバル撮影が出来ることを始めて知りました。
さっそく撮ってみた。楽しいです。
sky.jpg

それで改めて気づいたんですが、普通のコンパクトなデジカメにはインターバル撮影の機能ってついてないみたいですね。
また次買う機種の選定が難しくなってしまいました。
それにしても電柱が邪魔です。

何故に今時 Kodak、MINORUTA、iPhone

毎度馬鹿馬鹿しいお話で恐縮です。
Kodakといえば名機DC4800に匹敵する名機V705ですが、570と比べて純粋に正統進化と言って良いのかどうか、無理矢理高画素化して画質劣化が起こってしまったという説にも信憑性があります。最近はこの画質の悪さに少しイラつくことも多いのですが、かといって買い替え候補は見つからない、というか絞り込めない。

“何故に今時 Kodak、MINORUTA、iPhone” の続きを読む

ITmedia V705レビュー

荻窪圭氏によるV705レビュー 「ケータイサイズの超広角2眼デジカメ――コダック「V705」が4ページに渡って掲載されています。
レトロモダン系デザイン、ズームレンズはオマケっぽくて23mm中心、感度アップ、手ぶれ警告、シェア機能、発色の良さなど、きちんと伝えてくれています。
サンプル画像の縞模様がやはり気になるところですが、発売日までに、あるいは後日のファームアップにより修正されることを願います(個体差で、ハズレの場合対処不可だったりしたらショック)
感度を上げてもそこそこ綺麗に写っており、コダックらしいこってりとした色味と広角の描写はやはり魅力的です。
(・・発売日がWiiと被ってるのが辛いところですがSDカードのデジカメを持ってないのでWii写真チャンネルで使えるようになるというのが個人的にも楽しみなところ)
(・・さらにPENTAX K10Dとも発売日が被ってるのが非常に辛いところ。全部はとても無理)

PENTAX K10D

で、デジタル一眼レフの本命はこちらPENTAXのK10Dです。
ホコリ落とし機能、手ぶれ補正、RAWボタン、ISOを巻き込んだ三つ巴の露出モード、斬新なホワイトバランス調整、ノイズを恐れぬフィルム写真を意識した高画質など魅力が多く、これまでデジタル一眼に興味の無かった私もかなり惹かれています。
PENTAX K10D 公式サイト
「K10D」の開発者に聞く

V705国内発売決定!

随分と放置されてましたが、いよいよ国内発売決定した模様です。
以前、樫村に問い合わせたのがよかったのか、加賀ハイテック(株)からの発売のお知らせが届きました。

今夏、米国にてイーストマンコダック社から当新製品の発表後から、
当製品での日本市場への導入についてのお問い合わせを多数頂きました。

とのことで、如何に沢山の問い合わせがあったかが伺えます。

【商品名】 
「Kodak EasyShare V705デュアルレンズデジタルカメラ」(シルバー)
「Kodak EasyShare V705デュアルレンズデジタルカメラ」(ブラック)
【発売日】 
12月初旬
【詳細情報】Kodak V705公式

公式プレスリリース
デジカメWatch記事
危うく輸入して買いそうでしたが、12月初旬まで待ってみましょう。これまでも、YesAsiaやB&Hで買った人が沢山いたのではないでしょうか。待ってみてまずはよかったよかった。
追記:以前からV705を単独プッシュしていたデジタルARENAの磯氏の記事も来ました。
若干の懸念材料は価格が高いのではないかと言うことと、限られた販売網のために手に入れにくいのではないかということでしょう。価格は5万円前後と言われていますが、B&Hで輸入しても送料込みで340ドルですから、実売4万円前後が妥当ではないかと。注意して値付けして欲しいものです。

kodak V705 購入先

V705の国内販売について一向に何の動きもないKodakと樫村ですが、V705どころか、KodakのサイトではP880販売終了しています。
P880は広角重視の「ちょっと良いコンパクトデジカメ」っていうスタンスで、発売前はついにDC4800の後継機種が現れたか!と大いに期待していたんですがいざ蓋を開けてみると国内のどの機種よりもどんよりした色で、最も期待値の高いあのKodakならではの発色がまるでないガッカリマシンだったことで一気に興味が失せた呪われた機種です。
ファームウェアの更新などで、Kodakらしい発色が戻れば購入する予定だったんですが販売終了ですか。ガッカリマシンはガッカリしたまま終わってしまったようです。
さて、そんなガッカリくんが大いに期待したのはV570。もうDC4800の後継(というか進化版)は諦め、気楽で楽しいスナップ用広角カメラとして、ユニークな試みに対する賛同として、かなり気になっていたんですが「フラッシュオンオフの設定さえも起動時に忘れる馬鹿仕様」のため購入に二の足を踏んでいました。こちらもファームでの改良があるかと思いきや、Kodakは改良版のV705を発売することでお茶を濁しました。
というわけで購入決定したV705ですが、いつまで待っても日本で売ってくれません。待ってる人は沢山います。このサイトにもそういう方が連日検索してお越しになります。ニッチかもしれませんが大反響と言えるでしょう。メーカーはなぜこれを販売しないんでしょう。どうもKodakという会社は、自分たちの製品のどういうところが魅力的なのか全く分かっていないとしか思えません。
きっと開発した人たちと会社の偉い人たちの間には大きな大きな溝があるのでしょう。もちろん、お客さんと営業部門の意志の乖離も相当大きいのは言うまでもありません。
まそのような余談はさておき、もう日本発売はアテにせず、アメリカで買いましょう。
方法はいくつかあります。
ひとつはアメリカ在住の知り合いに代理購入してもらいます。
もうひとつはこういうサイトで購入、または普通に個人輸入でしょうか。
B&Hという海外発送をしてくれるサイトもありまして、こちらはお安くなっています。しかし英語が怖くてなかなか勇気が出ません。現在格闘中。

V705発売の可能性

V705は世界共通の仕様で、ソフトウェアの言語も最初から多国語が収録されているそうです。
米国版を買っても日本で不自由なく使えるということですね。
国内販売について樫村に問い合わせてみたところ、丁寧な返事をいただきました。
それによると、販売未定はKodak側の意志であり、樫村側だけの判断にゆだねられているのではなさそうです。kodakはまだ口を噤んでおり、発売しないと決まったわけでもないので期待していいやら悪いのやら判断ができません。
「米国の発売から大きく遅れての日本発売」も、可能性としてはあるようです。そんなことになれば、欲しい人はすでに米国版を買ってしまっているかもしれません。
結局、上や奥でどういう動きがあるのかを知る術が我々にあろう筈もなく、何らかの発表が行われるのを待つしかないということですね。

V705 画質チェック

デジタルARENAにV705レビューが追加されています。
コダックの2眼デジカメ「EasyShare V705」の画質チェック第一弾!
この中で「青空の描写は指折り」「ホワイトバランスや露出の制御もバッチリ」と、個人的に琴線に触れるフレーズがいきなり飛び出し、KODAKの空の色が好きな人には安心の記述が見られます。また、露出補正がレバーで直感的に行えるというのも注目です。
サンプル写真を見る限り、確かに画質は詳細感に欠く雑な印象を受けますが一旦ファイル化して縮小して見てみるとさほど気になりません。とはいえ、やはり700万画素を謳うにはあまりにも雑な画質と言えます。画質重視派が見れば「何じゃこれ」と言うかもしれません。
しかし、そんなことはいいのです。
それより23mmの広角の威力と色の良さは抜群。これは画質重視の重厚なカメラではなく、出歩くときにちょこっと携帯し、綺麗な空やスナップを撮るための気軽なカメラなのであります(べた褒め)
まだ樫村からは何のアナウンスもありません。
決して大ヒットはしないものの、確実にファンがいるオンリーワン(笑)なデジカメなので、是非発売してほしいところです。他の多くの製品と違って、これが欲しい人には代替品がないのですよ。

V705 輸入してもOK?

少し前のこの記事、とっくにお気づきかと思いますが、カメラのソフトウェア部分が日本語になっています。
これは日本語版が用意されているというより、MacOSXのように初めから各国語が用意されたソフトウェアが搭載されていると見たほうが自然です。
もしその見方が正しいなら、日本での発売がなくても、輸入して買うなりアメリカのお友達に代理購入してもらうなりすれば日本語で不自由しない製品が手に入ることになります。
日本での販売が、コダックではなく樫村の判断でなされる以上、ほとんど期待が持てないのではないかと感じています。これは米国での購入を本気で検討する価値があるかもしれません。
(想像を覆し、販売されることを願っています>樫村さま)

FUJIFILM FinePix S9100 出ました

FUJIFILM から、FinePix S9000の後継機、S9100が出ました。「S9000の後継機は出ないでしょ」という予想に反して、たった100のマイナーバージョンアップのようですが、あっさり発表されていました。
これにより、S9000が公式から消えています。完全に9100に置き換えられた模様。
ニュースリリース
FUJIFILM FinePix S9100 公式
えーと、ではS9000からS9100は、何がどう変わったのでしょうか。
・903万画素、ISO1600までの・・・・あれ?感度もCCDの大きさもS9000から変更なし?
・28mmから300mmまでの超便利レンズ。これはそのままですね。これ以上ないですもんね。
・・・・と、いろいろ見てみたところ、S9000から何かがグレードアップしたようには思えません。手ぶれ補正もないし、S6000fdで新しく取り入れた技術を使ってる風でもないし、CCD同じ、感度同じ、フォトエンジン前のまま。・・AFスピードアップぐらいですか、S9000との差は。
ほとんど同じの超がつくマイナーアップデート版でした。これは、下がってきた価格を調整するためか、S9000でマズいことでもあったのか、本当に画像処理の能力が上がったのか、目的は何なのでしょう。
とはいえ、高解像度、若干広角28mmから望遠までの10倍ズーム、コンパクトフラッシュが使える、ワイコンもある、高感度、F-クロームモードがある、など魅力的な機種であるのもまた事実。画質さえ綺麗であれば文句ないのでありますが。