PENTAX K-x

なんか変なの出ましたけど(笑)
PENTAX K-x
http://www.camera-pentax.jp/k-x/
壮絶カラーバリエーション。
ほ、ほしい・・・
で、このカメラはどういうカメラなんでしょう。
こっちにちゃんとした公式ページがありました。
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-x/feature.html
K-mの後継っぽいのでしょうか。
K-mにライブビューと動画機能が追加された感じ。あとCCDがCMOSに変更されています。
レンズキットのみの発売。18-55mmF3.5-5.6、ええと。35mm換算にするときはいくつ掛けるんでしたっけ。1.6?
なんか中途半端なレンズつけられちゃいました・・
他に中途半端といえば、動画が撮れるのにマイク入力端子がない、ライブビューがあるのに液晶画面が動かないなどいろいろありますが、でも頑張っちゃったエントリー機種なのではないでしょうか。

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

紹介するのをうっかりしていた我らが荻窪圭の「デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

単行本: 144ページ
出版社: MdN (2009/5/1)

見開きページ毎に目的に応じた基本テクニックを優しく紹介してあります。
<紹介文>
ちょっとしたコツであなただけのベストショット!
なかなかイメージ通りに撮れない、今まで何気なくシャッターを押していたけどもっとうまく撮りたい、せっかくのデジカメだからいろんなものを撮ってみたい、そんなあなたのためにデジカメ撮影のコツを紹介します。難しいカメラのテクニックや知識はいりません。オートに任せるだけじゃなく少し設定を変えたり、構図を考えたり、演出を工夫するなど、少しのことで写真はぐっとよくなります。 子どもやペットをかわいく、ごはんをおいしそうに、雑貨をおしゃれに、風景をきれいになど、すぐに試したくなるネタが満載です。この本に詰まっているちょっとしたヒントやアイデアをもとに、自分だけの写真を撮り、プリントして飾ったり、ブログやWebに公開して楽しんでください。

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

インターバル撮影

長年使用していて、インターバル撮影が出来ることを始めて知りました。
さっそく撮ってみた。楽しいです。
sky.jpg

それで改めて気づいたんですが、普通のコンパクトなデジカメにはインターバル撮影の機能ってついてないみたいですね。
また次買う機種の選定が難しくなってしまいました。
それにしても電柱が邪魔です。

何故に今時 Kodak、MINORUTA、iPhone

毎度馬鹿馬鹿しいお話で恐縮です。
Kodakといえば名機DC4800に匹敵する名機V705ですが、570と比べて純粋に正統進化と言って良いのかどうか、無理矢理高画素化して画質劣化が起こってしまったという説にも信憑性があります。最近はこの画質の悪さに少しイラつくことも多いのですが、かといって買い替え候補は見つからない、というか絞り込めない。

“何故に今時 Kodak、MINORUTA、iPhone”の続きを読む

ITmedia V705レビュー

荻窪圭氏によるV705レビュー 「ケータイサイズの超広角2眼デジカメ――コダック「V705」が4ページに渡って掲載されています。
レトロモダン系デザイン、ズームレンズはオマケっぽくて23mm中心、感度アップ、手ぶれ警告、シェア機能、発色の良さなど、きちんと伝えてくれています。
サンプル画像の縞模様がやはり気になるところですが、発売日までに、あるいは後日のファームアップにより修正されることを願います(個体差で、ハズレの場合対処不可だったりしたらショック)
感度を上げてもそこそこ綺麗に写っており、コダックらしいこってりとした色味と広角の描写はやはり魅力的です。
(・・発売日がWiiと被ってるのが辛いところですがSDカードのデジカメを持ってないのでWii写真チャンネルで使えるようになるというのが個人的にも楽しみなところ)
(・・さらにPENTAX K10Dとも発売日が被ってるのが非常に辛いところ。全部はとても無理)