Too、Strata 3D CX アップグレードキャンペーン

Digitalboo penguin

ただでさえ少ないSTRATAユーザーを完璧に敵に回した”地獄の超高値アップグレード料金”でユーザーガタ減りのSTRATA 3Dですが、Software tooがキャンペーンの名の元に値下げを行っていました。
■STRATA 3D CX 4J 最終アップグレードキャンペーンのお知らせ
金額は
STRATA 3DPro 3~3.7から 56700円→37800円
Studio Proから 93450円→60900円
など。
しかし今更感が強い上に、やはり思い切った価格で勝負できなかったようです。
本国ではすでにCX5が発売されていますし、CX4へのアップグレードはStudio Pro ユーザーが128ドルでした。驚くべき価格差です。日本語版からのアップグレードも受け付けていました。
(現在はCX4でユーザーの移行が済んだと見たのか、CX5へのアップグレードは高価になってます。乗り遅れた人は残念でした)
STRATA com
今回のキャンペーンで、STRATA 3D Pro3以上のユーザーなら検討してみる価値がありそうです。
英語版だと、マニュアルももちろん英語だし、日本語が使えない弱点があります。
尚、STRATA 3Dのソフトの出来そのものは決して悪くないです。
手軽なデザインツールとしてこの使いやすさに匹敵する3Dソフトはないでしょう。
Soft Ware Tooのアップグレードに関してもう一つ苦言を。
アップグレード方法が全てPDFをダウンロードして手書きで書き込み、クレジットカード番号まで書かせた揚げ句「FAXか郵送で」とは、セキュリティに関して意識が低すぎます。
誰がクレジット番号を書いた書類をファクスなどで送るものか。
私は他のソフトに関しても、Tooのこのアップグレード方法が気に入らず、銀行振込も面倒くさいので申し込み寸前で取りやめたことが何度もあります。

アップル大盤振る舞い(またはやけくそ)

Digitalboo penguin

最近送られてくるアップルのダイレクトメール、ことごとくアップルストアのクーポンが付いていますね。
100000円買うと10000円引き、25000円買うと2500円引き、200000円買うと20000円引き、と次々にやってきます。これまでクーポンメールがこれほどの勢いで来たことはなかったんではないでしょうか。
それに加えてソフトウェアが軒並みお買い得価格に。
Shake4.1がなななんと62000円に価格改正(アップル、Shake 4.1を発表
これぞびっくりプライス。
あと、今日まで知らなかったんですが、Final Cut Studioのアップグレード料金が大幅値下げしてたんですね。私はFCP4のユーザーなのですが、Studio 5が出たときにアップグレード価格が75000円なので諦め、せこくSoundtrack Proだけ単品アップグレードしておりました。今は4のユーザーがStudio5に24600円でクロスグレードが可能になっています(もうちょっとまってればよかった)これもびっくりプライスです(ProアプリケーションのUniversalクロスグレード
ただのFinal Cut Proのユーザーが安価でFCP5とDVD Studio ProとMotionを手に入れられます。
他にも、Apertureも確か半額近くに価格が改正されてましたね。
プロソフト大盤振る舞いですね。
・・・それほど売れてないんでしょうか。勢いがついているんでしょうか。それとも、やけくそなのでしょうか。

Appleと任天堂

Digitalboo penguin

以前からAppleがゲームプログラマを募集しているとか、ゲームに再参入か、なんて噂がありました。
個人的に、Wiiのバーチャルコンソール(ゲームのダウンロード販売。iTunesを意識していることは社長の発言にもありました)との何らかの関係があるかも、なんていう頓珍漢な妄想をしてました。
しかしここにきて、とんでもない噂が出てきている模様。
気になる記になる
買収や合併があるとは思えませんが、バーチャルコンソールとiTunes Music Storeが何らかの協力関係にあるとすれば、よだれだらだらの妄想で脳内麻薬出まくりです。
今年の秋以降、とてつもないことが起こるかもしれませんね。
ま、妄想は妄想のまま終わるかもしれませんが。

新しいiBookは案の定MacBook

Digitalboo penguin

MacBook出ました。
13インチしかないということは少し大きくなってるんでしょうか。解像度はiBookよりは多少ましになっているようです。また、デュアルディスプレイをサポートしているように読める記述があります。真意はわかりません(以前、MacBookProでClassic環境があるかような記述をしていたにもかかわらず実はなかったという経緯があります)そんなわけでClassic環境はまだありません。
懲りずに「5倍速い」とサイトで紹介していますがこんなものは実行速度と無関係なので信用しないほうがいいでしょう。
値段は案の定値上げです。最終のiBookを買った人は得しましたね。
IntelMacはアプリケーション、ドライバ類を一新しなければならないので、Booメンバーを始め、買い替えを計画中の普通の方は注意しましょう。
周辺機器やClassic環境のためにPowerBook、iBook、iMacが必要な方は整備済み製品を頻繁に覗いておくべきでしょう(最近はPPCモノがほとんど出なくなってしまいました)
で、過去にMacに深く関わっていない逆の立場の普通の人にとっては周辺機器もClassic環境も関係ないと思われますので、あるものをあるがままに受け入れても問題ないでしょう。
(ただしプロ用アプリケーションを使うつもりなら覚悟と注意が必要です)

2006.5.16 アップデート

Digitalboo penguin

iLifeソフト群がアップデートされています。
iWebではこのように。
iWeb に対するこのアップデートは、.Mac 上に公開された Blog と Podcast へのコメントおよび検索機能のサポートを追加します。 また、サイトの読み込み性能を改善するためのイメージ管理の修正を含む、 すべてのユーザのための、 さまざまな使いやすさと性能の問題にも対処しています。

多少は読み込みが早くなっているでしょうか。
相変わらず、テキスト画像化問題については触れていません。
「公開」を選んだとき 「変更内容のみ公開」が出来るようになったようです。
また、アップロードがバックグラウンドで処理されるようになり、アップロードの煩わしさが軽減しています。アップロード中は左側のサイト名の横に進行状況を示す丸いアイコンが現れます。
コメントはインスペクタの RSS にて「コメントを許可」チェックボックスを選択します。
ページに現れる「コメントを追加する」の文字の大きさは修正できないようです。文字でかいです。

MacをWindows機に. Boot Camp Public Beta 発表

Digitalboo penguin

AppleがIntelMacにWindows XPをインストールできるBoot Camp なるソフトを公開しました。
これをインストールすることによってWindows XPがインストール可能になり、Macがデュアルブートマシンになるということです。
この機能、次期MacOSXの目玉機能になるそうです。
Boot Camp Public Beta
Virtual PCと違って両OSを同時に立ち上げることは出来ず、どちらかで起動する形になるそうですのでMacというよりも純粋にWindowsマシンとしての需要に応えることになりそうです。
Macの外観に憧れていたWindowsユーザーとWindowsも必要なMacユーザーの取り込みが目的なのでしょう。どちらにせよ「Windowsマシンが必要」という点が共通です。
MacでWindowsが普通に動くとすれば、今後ベンダーの中には「Mac版は開発中止、Windowsブートで使用してください」というような撤退組も増えてくるであろうと思われます。
次の次くらいから「MacOSX」がClassic扱いとなって、さらにその次には「MacOS開発中止」で完全にAppleはMacというWindows用ハードウェアメーカーとして君臨するという目論見も可能性としてあるかもしれません。ハードウェアの商売を基本と捉えるとするなら、彼らにとってMacOSというソフトはあってもなくてもあまり関係がないと思われるからです。MacOSを捨てる事に関しては9からClassicにかけての自社顧客殺しで前科があるので実証済みです。
古株ユーザーあるいは業務ユーザーは今後しばらく「Classic環境が使えるがWindowsはエミュレーターか他マシンで」という選択と「Windowsはネイティブに動くがClassic環境(MacOS)は諦めるか他マシンで」という選択のどちらかを迫られることになります。
MacでWindowsが動くようになることで、WindowsユーザーとWindowsが必要なユーザーがMacを買うようになるでしょう。その後そういう人たちがMacOSXを使うようになる可能性があるのか、あるいはMacユーザーのほうがWindowsにスイッチするのか、その比率がどうなるのか、いよいよ見極めるときが近づいてきている気がします。明らかなのは「MacOSだけを使うMacユーザー」が今後ますます減っていくということでありましょう。

ソフトウェアアップデート MacOS 10.4.6

Digitalboo penguin

ソフトウェアアップデートからMac OS Xアップデート 10.4.6が使用できます。
結構な重量のアップデートで、詳細は以下の通り。
すべての対象ユーザの方々に、10.4.6 アップデートの適用を推奨します。このアップデートには、オペレーティングシステムの全般的な修正のほか、次のようなアプリケーション、サービス、テクノロジーに関する修正が含まれています。
– 各種のネットワーク環境におけるログインと認証
– AFP ファイル共有でのファイルアクセスとバイトレンジロック機能
– プロキシサーバの自動構成ファイル使用時のネットワークアクセス
– IP/Sec を使用した Cisco VPN サーバとの接続
– Bluetooth のワイヤレス機器の使用
– iWork ’06 や Microsoft Office の書類の Spotlight 検索
– ネットワークホームディレクトリ使用時の Word 書類の自動保存
– iPhoto 6 用の Automator ワークフローの作成
– .Mac や携帯電話とのアドレスデータ、カレンダーの同期処理
– iDisk ボリュームのマウント、マウント解除の処理
– 他社製アプリケーションやデバイスとの互換性
– 以前に、単体で実施されたセキュリティアップデート

近々、iLifeやiWorkのアップデートもありそうな気がします。
さてアップデート後再起動してさらに再起動されて、ちょっと触ってみたところ何が変わったかはわかりません。ただFruitMenu(アップルメニュー)の階層表示が早くなった気がします。気のせいじゃなければこれは嬉しい。今まで遅くてイライラでした。
それとiDiskへのアクセスも早くなっているように感じます。
Xの遅さの代名詞、ウィンドウリサイズも随分ましになっています。
(以上MDDにて体感)

移行過渡期の困ったちゃん

Digitalboo penguin

やっとX環境に徐々に移行している矢先にIntel移行で混乱は続いています。
ソフトの互換性も悪いし周辺機器のドライバも揃う気配ないし何よりClassic環境がまだないというのが致命的。DOS形式が読めないDOS機みたいなもんですがな。
知り合いのプロダクションの人も「また何か変わるんだってねえ。どうしたもんかねえ」と移行のドタバタにうんざりのご様子。友人の日本画家も9とXを切り替えながら使っていてややこしさと面倒くささを嘆いておられます。いずれにしても古い機種のドライバとClassic環境がない時点でIntelMacは射程外、ではそういう人や私のようなマニアじゃない業務ユーザーはこの時期どうしているかというと、また9の頃と同じ「現行機種の買いあさり」状態なわけです。
私もPowerbookG4 15インチを整備品で買ったばかり。もう新品ありませんから。
今の時期アップルストアの整備済み製品はチェックしておく必要がありますね。PowerbookやPowerMacがよく出てきます。iMac G5も出ますね。これいいマシンだと思います。ただし出たと思ったらすぐ売り切れてます。必要な人は時々覗いておきましょう。
さてところで、じゃあいつになったらIntelMacの導入ができるのか。
ソフトウェアの新バージョンが出揃い全てをアップグレードし、周辺機器のほとんどを買い替え、Classic環境が整うのを待ち、それがないならClassic環境用のマシンを複数台確保して、その後ですね。・・・・無理っぽい

ソフトウェアアップデート2006.2.16

Digitalboo penguin

ソフトウェアアップデートにより以下のソフトがアップデートできます。
iDVD 6.0.1
iPhoto 6.0.1
iMovie 6.0.1
iWeb 1.0.1
iTunes 6.0.3
iDVD
iDVD 6 に対するこのアップデートは、ほかの iLife アプリケーションとの連携、古いバージョンのプロジェクトの読み込み、およびテーマ関連の問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。
iPhoto
iPhoto に対するこのアップデートは、Photocast、大規模なライブラリでのサムネール表示、およびカード、カレンダー、ブックの注文に関する問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。
iMovie HD
iMovie HD 6 に対するこのアップデートは、Ken Burns のレンダリングパフォーマンス、移動バーのパフォーマンス、およびテーマイメージの品質の問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。
iWeb
iWeb 1.0 に対するこのアップデートは、公開と Blog に関する問題を改善します。また、その他の小さな問題にも対処しています。
iTunes
「iTunes 6」では、iTunes Music Store にある 2,000 以上のミュージックビデオと人気テレビ番組を視聴、購入、およびダウンロードできます。購入した曲やビデオは、iPod と同期して持ち歩くことができます。購入したビデオを再生するには、QuickTime 7.0.3 以降と Mac OS X 10.3.9 以降が必要です。
「iTunes 6.0.3」では、「iTunes 6.0.2」に対して、安定性とパフォーマンスが改善されています。
注意:「iTunes 6」以降を使って iTunes Music Store から音楽を購入した場合、購入した音楽を、お使いのほかのコンピュータでも楽しむためには、それらも最新版の「iTunes」にアップグレードする必要があります。
 
ということのようですが、さてiWebの「小さな問題にも対処」って何のことでしょうか。

インテルMacにClassicなし

Digitalboo penguin

AppleがIntel CPUを採用したPowerBookとiMacを発表。
当初はClassic環境が含まれているとサイトで表示していたが数日後これを削除。Classic環境は含まれていない模様。
失礼、Powerbookではなくマックブックプロっていう名前でした。
ついでに、FireWire800も切り捨て。
現在売られているiPodもFireWireでは使用できず、相変わらずの刹那体質が剥きだしになった格好だ。

デジカメ

Digitalboo penguin

最近わかったことは「デジカメはカタログだけではわからない」です。
デジカメで重要なのは「見た目と背中と中身」です。
これは、店頭で手に取ってみても、電源が入らないとわからない。
雑誌の記事にも、背中と中身についてはあまり触れられていない。いけません。これはいけません。
あ、背中というのは背面のモード切り替えなどの配置とデザインのこと。
中身というのは設定画面のソフトウェアのことです。