昭和史からの警告

Digitalboo penguin

今何が進行しているかというと、もちろん日本が戦争をするための準備ですね。
ナショナリズムを煽り、全体主義を推進、仮想敵国を憎むように誘導し、好戦派かつ米属国派の内閣の人気を高め、反戦派の言論を粛正、軍事行動を当然とする世論を作り上げ、貧困層を増やして不満の矛先を操り、民営化を促進して資金の流れを米国に導く、あとはうまい具合に憲法9条を破棄して安倍が約束したとされるアメリカの新型兵器を購入して使うだけ。もうまるっきりの一本道。
丁度良いタイミングで9.11の如く国内でヤラセテロを起こせば、世論は一気に”攻撃せよ”に向かうでしょう。もう思うツボです。
そういうわけで、この本はこの手の話に詳しくない人こそ読むべき本ですね。読みやすいですし。

昭和史からの警告 船井幸夫+副島隆彦 ビジネス社

コメントを残す