Apple tvを発売

Digitalboo penguin

MacWorld 2007にて、Apple tvなるものが発表されました。
iPodの「iTunesを持ち出そう」に対し「iTunesをテレビで観よう」というコンセプトの家電のようです。つまりテレビ接続用iPod。
また、最初のMac miniが発売されたときのコンセプトをまとめなおしたAppleが提案するSTBと言えるかもしれません。
普通の家電と違うところは、やはりコンピュータ使用が前提であるところでしょう。日常のデータ管理はコンピュータなしではあり得ませんし、アップルらしい提案と言えると思います。
しかし、DVDが再生できないとか、iLifeではなくiTunesに特化したコンセプトが、少しこなれていない中途半端な感じにも受け取れます。
これまたアップルらしいといえば、Apple tvの使用条件として

HDMI、DVI、またはコンポーネント入力を備えた16:9ワイドスクリーンまたはハイビジョンテレビ

と謳っているところです。つまりちょっと古い普通のテレビでは使えないということです。
この件で思い出すのは、ハイビジョン、高画質、最新の高解像度テレビを前提としてずっこけた某ビデオゲーム機ですが、Apple tvのライバルはこのゲーム機かもしれません。
方や新型ディスクの再生に力を入れたゲームも出来る家電、方やiTunesがそのままテレビで楽しめる家電です。
ライバルのゲーム機、PS3ですが、ずっこけたと言ってもゲーム機としてずっこけたのであって、普及数が桁違いに低いAV機器としては相当売れています。Appleが目指す販売数もこのレベルなのかもしれません。

“Apple tvを発売” への 2 件のフィードバック

コメントを残す