レーベルがDRMを棄てるのが最善

Digitalboo penguin

「FairPlay」の開放を求める声に対し、スティーブ・ジョブズ氏が口を開いた模様です。

「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言
そもそもiTunesのDRM縛りはレーベルが求めた著作権保護のための措置であり、よく批判されているような「顧客の囲い込み」を目的にしたものでないことは明白で、これまで何故「FairPlay」を開放せよと言う批判がAppleに向くのか不思議でなりませんでした。むしろAppleはiTunesで最も弱い縛りを実現した功績があるくらいです。
で、上記記事では今まで語ってきたことをさらに分かりやすく発言していることが伝えられています。
つまり、DRM縛りの開放については以下の三つの選択があるというわけです。
1.現行システムを続ける
 「囲い込み」と批判されることも多いが、現実にどの会社もそれぞれのシステムを採用している。
2.FairPlayを他社にライセンスする
 レーベルが求める保護を維持できなくなる
3.DRMを廃止する
 そもそもDRMを必要としたのはレーベルのほうであり、これをなくすことがユーザーにとって最善
CDにはDRMのような保護機能がないため、オンライン販売にだけDRMをかけても、実際のところ違法コピー防止の役にはなっていないという指摘も行っているようです。
コピー防止機能をつけたCDはユーザーにNoを突きつけられてゴミ扱いなのが現状。至極当然なジョブズ氏の発言です。
iTunesとiPodが登場した当時に「違法コピーするより手軽に買えれば、顧客は無理をして違法なコピー行為を行う必要ななくなる」と語っていましたが、まこと仰るとおりです。
さらに小さな声で書きますと、個人レベルでは音楽なんか多少コピーされてなんぼっていうのもありますよ。そうやって良い音楽は広がっていくわけです。
日本のどこぞの団体みたいな著作権保護のフリをしたみかじめ料制度なんかは音楽の広がりを封じ込めてゆっくりと文化を殺していく最低のシステムと言えるでしょう。
ユーザーの利益を優先する風土のヨーロッパで特にFariPlayの開放を求める声が強いようですが、批判の矛先はAppleに向かうべきではなく、なぜDRMがユーザーに課せられているかという根本的な原因に目を向けるべきでありましょう。
「レコード会社はDRMの放棄を」–アップルのジョブズCEOが公開書簡
より詳細な記事
Thought on Music
Steve Jobs
February 6,2007

Appleが公開した書簡

コメントを残す