TSUTAYA DISCASが若干の値下げ

Digitalboo penguin

映画を観るにあたって私も世話になっているTSUTAYA DISCASですが、なんか、ほんのちょっとだけ値下げがあったらしいです。

弊社サービスの利用料金が8/1より下記のように値下げ致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現状       8/1~
定額レンタル4:¥1,344  ⇒   ¥980
定額レンタル8:¥1,974  ⇒  ¥1,958
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
定額レンタル4につきましては、業界最安値でございます!!
だそうですが。
月に4枚のコースは気持ち利用しやすくなってますね。
月に8枚のコースは私も利用しているんですが、1974円が1958円に・・・16円もの値下げです。
・・・・・・・・。

まあ確かに便利です。もう店頭へ出向くという面倒なことはしなくなりました。
というわけで、ツタヤのコツをご紹介。
観たい映画ですが、タイトルがあるかどうか検索してみてもほとんど芳しい結果は帰ってきません。
ええっあの作品がないの? なんと、この監督のがない、あれもない、これもない、ぜんぜんない、なにこれ使えない・・・
検索しても検索しても、目当ての映画がヒットしません。ぜんぜん駄目じゃん、と思いがちです。
こういうのってiTSでも全く同じなのですが、ある程度は検索してお目当ての作品を探すことを放棄したほうがいいと思います。
目当ての作品を放棄したあと、少し楽しくなってきます。
自分が知らなかった映画を観るほうが断然楽しい。
作品を探すのではなく、偶然出会うことに喜びを見いだすと良いでしょう。
偶然出会うといっても、ジャンルや新作・新入荷で大まかに絞り込んで探したくもなります。
ところがDISCASのジャンル分けは酷いことになっていて、あるジャンルや「新作」で絞り込もうと思っても訳の分からないテレビシリーズがずらーっと出てきて映画を探すような状態ではなくなったりします。
これを避けることはほぼ不可能、諦めるが勝ちです。
映画と出会うには、タイトル以外には、監督、制作、キャストなどの人物クリックからその関連作品を表示させて巡っていくのが良いでしょう。
もうひとつ。
ツタヤのサイトで作品をチェックしていると、どうしてもレビューが目に止まります。
はっきり言って、レビューは見る価値がないどころか害悪です。
酷いネタバレから勘違い批判まで、質の低い素人批評に満ちています。
中にはまともなレビューもありますが、それに出会うまでに100の下らないものを読まなくてはなりません。作品を見終わってからの楽しみのひとつにするくらいで十分でしょう。
観る前のレビューは完全に遮断することが自らを守る掟です。
尚、digitalbooのレビューはネタバレに注意しているのと、間違った尺度で貶さないように心がけているので例え下らなくても酷くはないと思ってますが・・・同じ穴の狢ですね。はい。わかっております。

[追記] 本サイトDigital Boo に映画感想のカテゴリーがあって、かつてそこに映画の一言感想など書いていましたが、後に映画感想のブログが独立して Movie Boo となりました。映画が好きな方はぜひどうぞ。

コメントを残す