任天堂カンファレンス2010

Digitalboo penguin

幕張メッセで本日行われる任天堂カンファレンス2010に合わせてか、さっそく任天堂のウェブサイトではCSRレポートなるものが全文アップされています。

直々の企業広告みたいなものですね。
任天堂はここ数年来、情報の公開を自ら行う姿勢を貫いていて、株主総会などの様子や講演内容、質疑応答も全文公開しています。
メディアが歪曲した報道をしても、オリジナルテキストが全文サイトにあるのだから誰でもオリジナルソースに触れることが出来ます。これは大きな挑戦でしたね。
さて本日のカンファレンスでは3DSの詳細が発表されるとの噂です。
ほぼ日 カンファレンスレポート
追加
25000円という強気価格と、来年2月末という年末商戦を逃した発売時期に関して多くの人に失望感をもたらした模様です。低調なWiiに関するテコ入れや年末商戦に関するサプライズもなく、株価が一気に下落したというようなニュースまで流れる始末。最強社長の岩田氏の目論見や如何に。
追加更新
カンファレンスを終え、任天堂ウェブサイトでは各種お知らせが掲載されました。
「業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ」
ニュースリリース「「ニンテンドー3DS」発売日と価格のお知らせ」
ニュースリリース「「ニンテンドー3DS」への3Dコンテンツ配信 日本テレビおよびフジテレビと提携」
任天堂ウェブサイトではカンファレンス2010の特設サイトが設けられています。
–>任天堂カンファレンス2010
社長講演の模様は、近いうちに公表される見込みです。–>社長講演
–>3DSページ
追加更新
・3DSはアクアブルーとコスモブラックの2色、2011年2月26日発売、価格は25000円。
・3DSのバーチャルコンソールでゲームボーイとゲームボーイカラーのソフトを販売
 クラシックゲームを3D表示にアップデートしたソフトも。
 ※ゲームボーイアドバンスは見送り?
・Miiスタジオ 
・すれ違い通信を本体機能としてサポート

コメントを残す