mathey VIDEO CAP For Mac MVCP-02MAC

Digitalboo penguin

USBビデオキャプチャのケーブルとソフトセット、MVCP-02MAC。
今更アナログビデオキャプチャなんですが、さっそく試してみた。
むかしの苦労が嘘のように、ケーブルだけでいとも簡単に取り込める時代にびっくりです。今更ですか?
ビデオからのケーブルを差し込んで、方やUSB接続するだけ。
キャプチャソフトのEzCAP Capture、編集も出来るVideoImpression2というソフトが附属。
VideoImpression2とEzCAP Captureをインストールすることによってドライバも組み込まれます。
ドライバさえインストールされれば、QuickTimeプレーヤーでもキャプチャは可能。使いやすさで言えばQuickTimeプレーヤーが一番いいかも。
ただしQuickTimeプレーヤーのキャプチャでは品質を自由に設定できない。低品質標準品質高品質の3つの選択肢(どれも品質はよくない)とファイルサイズが大きい「装置ネイティブ」だけ。
ディスクスペースに余裕があるなら、装置ネイティブを選べば高品質でキャプチャできて同時に鑑賞もできます。
EzCAP Captureは、ビデオ品質とオーディオ品質を細かく指定できるキャプチャソフト。QuickTime準拠なので、QuickTimeが扱える形式なら全て選択可能。これはいい。
画面はプレビュー画面だけ、操作はメニューバーのみと、いたってシンプル。
ただしEzCAP Captureは録画中には画面がかくかくして同時に鑑賞するのは無理。惜しい。
VideoImpression2は、取り込みと編集機能が備わったソフトのようですが、出来の悪い移植ソフト丸出しで、起動するとメニューバーが消えてしまう最悪仕様も兼ね備え、とてもじゃないが使ってみようという気すらおきない。
Macなら他の編集ソフトを使うのがよろしいでしょう。
転送がUSBってのが気にいらないけど、アナログビデオ程度キャプチャなら十分ってことでしょうか。
気になる画質は、うーん、もともとアナログビデオの画質なんて高々しれているので、こんなものかなあという感想。いいのか悪いのかよくわかりません。少しノイズが出るし、少しは劣化した感じに見える気もしますが気のせいかもしれないし判断しにくいです。
どうせフルサイズで保存なんかせずに、圧縮して保存しますから劣化は織り込み済み。ただのビデオアーカイブだから気にしません。
試しにキャプチャしてみた動画

(ここに動画がありましたがなくしました)

まあしかしこんなに簡単に取り込めて、ディスクスペースもそれに見合った大容量が当たり前にあるという、良い時代を実感しました。

(ここにも動画を置いていましたがどこかに消えました)

ビデオキャプチャ

Digitalboo penguin

ビデオキャプチャに対する欲求の歴史は深い。
大昔、QuickTimeが登場してしばらく経った後、パソコンでビデオ編集をする夢に一歩近づいたんだけど、まあ何しろハードウェアの敷居が高いしキャプチャーカードなんて高級品だし、何十万も投資して320×240のムービーを一ヶ月かけてレンダリングしてカクカク動かすというそういう未来への期待感と小さな満足感だけで遊ぶ時代があって、それからまたしばらく経つと全体に価格は下がったもののやはり画像が小さくて質も悪いマニア路線を引き継いだままAVMacなんてのが出て、それはそれで色々遊べたんだけど、まだまだ実用にはほど遠い状態のままずるずる年月が経ち、それからまたしばらくするとデジタル規格に取り込めるFireWireのボックスとか、なかなかいい感じの価格で色々出てきてそのころからDVDフォーマットでのキャプチャーが普通になってきていよいよ実用だなと思ってカノープスの取り込みボックスなんかを買ってみたりしたが、いざ取り込むとやはり画質がいまいちなのとビデオのキャプチャ自体が実用としては次のステップに移行していて、作品作りのネタとしてビデオを用いること自体がなくなってしまったこともあり不用品となった。

さて今ではビデオキャプチャの目的は一つ、VHSテープを処分したいがために必要なものだけをキャプチャして置いておきたいという、アーカイブ目的のみだ。
そこで、久しぶりにいいキャプチャ装置がないかいなと探してみたら、これがあまりないんですねえ。

時代がアナログでなくなってきたこともあって、すでにアナログキャプチャは過去の製品みたいな扱い。
FireWireで簡単に取り込める気軽な装置なんてない。
あれこれ探してみたら、USBの変換ケーブルみたいなのが安価で出回っている。
今のパソコンのCPUの威力を持ってすれば、ハードウエアエンコードは必要なくて、変換ケーブルで取り込めばパソコン本体の性能だけでビデオサイズのキャプチャくらいちょいちょい、と、こういうわけですって。
へえ。
そういう時代になってたのですね。

VHSテープからのアーカイブを目指して、USBケーブルをちょっと買ってみようかな。実用に耐えますかね、これ。mathey Mac対応ビデオキャプチャー VIDEO CAP For Mac MVCP-02MACってやつ。
MVCP-02MAC
Children coup d’etatのyoutubeチャンネルが出来たものだから、古いビデオの整理をちょっとやってみようかなと。
知らぬ間に壊れていたビデオデッキの代わりのデッキも貰ってきたし。

ApertureでiPhotoライブラリを読むとき

Digitalboo penguin

唐突に何ですが、Apertureは検索や管理は強いけど、管理できるファイルタイプが少なくて表示が遅いという弱点がある。
iPhotoは検索や管理は弱いけど、ファイルタイプの自由度が高くて表示も速いという特徴がある。
一長一短で、結局両方を使っている。
最初に写真を読み込むのはiPhoto。
その後、iPhotoライブラリをApertureでさらに読み込んで、実際使用するのはApertureが多い。
で、
この、ApertureでiPhotoライブラリを読み込むときに、どうしても読み込めないイベントが発生して困った。
ライブラリの再構築からHDDの修理から、再インストールから、何を試しても絶対に写真を認識してくれない。
無理矢理フォルダをドラッグしても「0枚の写真を読みこみました」と出るだけ。
約1ヶ月悩んだあげく、答えを発見。
iPhotoのイベント名に「~」を使っていると、イベントの中の写真を認識しないことに気づいた。
ただ、「~」を使っていても読み込めるものもあるので、「~」と、その前後の文字との絡みもあるに違いない。
ある特定の文字列の中で「~」を使うと、そのイベントの写真を認識できない。
なんという古くさいイメージのトラブルではないか。
解決方法はもちろん「~」を違う文字に変えること。
これであっさり認識できた。
IntelMacになってからの退化のひとつ、と捉えておこう。
(ファイル名に使っては駄目な文字とか、そういう古くさい制約が一気に増えた気がする)

LeopardでClassic環境なくなる

Digitalboo penguin

MacOSX LeopardをインストールするとClassic環境が使えなくなるそうです。
これは「Classicが起動しないLeopardの不具合」ではなく「Classic環境を使えなくする仕様」らしいので、アップデータでも解決しない部類の問題です。
アップルはこの件を公にしていないため、知らずにLeopardを買ってしまって被害に遭われている方も出ているようです。
Classic環境が必要な人はOSのアップグレードをしないように注意が必要です。

Adobeのとってもややこしい製品群

Digitalboo penguin

新しいAdobeのCS3群、下調べもあまりしてないので何がどうなったのかちょっと見ただけでは全然わからない。
Adobeのサイトは、多くの人が認めるとおりナビゲーションが解り辛い典型的な駄目サイトなので、情報を得るのも一苦労です。
個人的に興味を持った点や謎に思ってる点は以下の通り。
・Photoshopに上位バージョンが出来た。3Dや解析、ムービーなど。
  普通バージョンと上位バージョンの違いがまだよくわからない
  ムービー編集部分がAfterEffectsとどのくらい差のある機能なのか不明
  選択ツールなど、便利そうな新機能は満載っぽい
  LightRoomとアパチャー、どっちがいいかまだわからない。
・Illustratorに消しゴムやカラーまとめて変更ツールなどイラスト関連の新機能満載
  快適さがどうなのか気になるところ。
・PremiereがMac用に復活してる
  知らなかった。3や4で作ったプロジェクトファイルは読めるんだろうか?
・AfterEffects Standardのユーザーも26000円でPro版にアップグレード
  というか、Standard版はなくなった?
・PageMaker からInDesign CS3へのアップグレードが可能で26000円。
  やっと安くなった。
  これでPageMaker書類をX用に変換できる・・・か
・GoLiveユーザーはいなかったものとされている。何の情報もなし。
  GoLiveから他のソフトへのアップグレードは全てなし
・GoLiveはCSシリーズから消えた。
  GoLive 9は春に出ると書いてあったはずだが現在は夏に変更されている。
  怪しい。ないものにしたいらしいがそうはいくか。
・クリエイティブスイート群へのアップグレードは値段がゴージャス。
  単品を沢山持ってる人には無駄っぽい
どうやら怒濤のアップグレード地獄になりそう。ほんとに必要かどうかよく考えよう。
Adobe アップグレード一覧PDF

Apple、Appleと和解

Digitalboo penguin

長い間商標裁判で揉めてきたMacの米Appleとビートルズの英Appleですが、ついに和解に漕ぎ着けたそうですね。
米アップル、商標裁判でビートルズの英アップルと和解
なんと、今後Appleの商標は米Appleが所有し、英Appleは許可を得て商標を使い続けることになったという。
これは大逆転の結果ですね。不思議です。何がどうなったんでしょう。
・・いずれにしても、和解できてよかったよかった。
iTunesでビートルズ配信なんてことになれば大変な騒ぎになりそうです。

このニュースのオチ:ずっと後、ビートルズ出ました

Lightroom vs Aperture

Digitalboo penguin

Adobe Photoshop Lightroomが正式に発表されました。
LightroomにPhotoshopブランド名が冠されたのですね。Lightroom
さてさて気になるのはApertureとの比較です。
Photoshopとの連携、ハードウェア互換性に関してはLightroomに、画像ファイルの管理やスマートさではApertureに軍配が上がりそうです。あまり詳しくは分かりませんが。
Apertureはハードウェア条件が厳しすぎてインストールできない層が多くいることから、Photoshop CS3の発売と同時にLightroomがAppleを引き離す可能性が高いかもしれません(私もその口です。仕事用に使っているMacではApertureはインストール不可です)

Wii と Apple tv のお茶の間革命について

Digitalboo penguin

お茶の間革命を目指して家電業界など各社奮闘中ですが、不必要な機能や使えない操作性、新技術の押し売りと、家庭を「浪費する機械」としか見ていない利益信仰、目的や思想や社会性が全く見えない浮ついたSTB構想にうんざりしてきた中、具体的な製品とサービスをがっつり打ち出せたのはやはり任天堂とAppleでした。

“Wii と Apple tv のお茶の間革命について” の続きを読む

Apple社名変更

Digitalboo penguin

Apple Computer, Inc.が、社名をApple Inc.に変更するという話です。
以前からの予想通り、MacやMacOSの終焉が近づいてきているのでしょうか。
Mac WorldでMac関連の発表が何もなかったのは、事業転換の強いアピールであると受け取れます。
MacOSの切り捨て以降、徐々にMacオリジナルをフェイドアウトさせていっていますが、もう少し生き延びてくれればと願っております。

Apple tvを発売

Digitalboo penguin

MacWorld 2007にて、Apple tvなるものが発表されました。
iPodの「iTunesを持ち出そう」に対し「iTunesをテレビで観よう」というコンセプトの家電のようです。つまりテレビ接続用iPod。
また、最初のMac miniが発売されたときのコンセプトをまとめなおしたAppleが提案するSTBと言えるかもしれません。
普通の家電と違うところは、やはりコンピュータ使用が前提であるところでしょう。日常のデータ管理はコンピュータなしではあり得ませんし、アップルらしい提案と言えると思います。
しかし、DVDが再生できないとか、iLifeではなくiTunesに特化したコンセプトが、少しこなれていない中途半端な感じにも受け取れます。
これまたアップルらしいといえば、Apple tvの使用条件として

HDMI、DVI、またはコンポーネント入力を備えた16:9ワイドスクリーンまたはハイビジョンテレビ

と謳っているところです。つまりちょっと古い普通のテレビでは使えないということです。
この件で思い出すのは、ハイビジョン、高画質、最新の高解像度テレビを前提としてずっこけた某ビデオゲーム機ですが、Apple tvのライバルはこのゲーム機かもしれません。
方や新型ディスクの再生に力を入れたゲームも出来る家電、方やiTunesがそのままテレビで楽しめる家電です。
ライバルのゲーム機、PS3ですが、ずっこけたと言ってもゲーム機としてずっこけたのであって、普及数が桁違いに低いAV機器としては相当売れています。Appleが目指す販売数もこのレベルなのかもしれません。

Adobe アップグレードポリシー変更

Digitalboo penguin

Adobeから、アップグレードポリシー変更についてのメールが届きました。
クリエイティブ関連ソフトについて、今後は3世代までのアップグレードしか認めないという方針だとか。個々の製品についてはこちらのページで案内されています。
これにより、例えばIllustratorユーザーの場合、次のCS3が出てしまったら、10、CS、CS2のユーザー以外はアップグレードが出来なくなります。
職業ユーザーの場合、3世代もアップグレードしていない事は考えにくいですが、趣味的に使用している、あるいは使用頻度が低いなどのユーザーは古いバージョンを使用している場合もありそうで、注意が必要です。
とくにMacOS9を継続利用していて、PPCを飛ばして次回Intel版Macの購入をせざるを得ない人などは状況的にかなり不利な立場に立たされそうです。
Intel版が出るまでの買い控えのこの時期、「今の隙にCS2を無理矢理売ってしまう」ための措置とも取れなくもありません。
これが浅ましいアップグレードポリシーで有名なマクロメディアを買収した成果でしょうか。

SheepShaver??

Digitalboo penguin

SheepShaverというMacエミュレーターがあるそうです。
しかしこれ、いったい何をどうすれば使えるのか、見当もつきません。
日本語で書かれたページにインストール方法が書かれていますが、SheepShaverをダウンロードして起動するとしか書いていないし、設定画面は意味不明だし、どうやらROMイメージというものが必要らしいのですがそれが何であるのかもよくわかりません。MacOS9のシステムフォルダに「Mac OS ROM」というファイルがあるんですがこれのことではないですよね。
Classic環境の代替にはほど遠いようです。誰か使い方を教えてください…

V705 輸入してもOK?

Digitalboo penguin

少し前のこの記事、とっくにお気づきかと思いますが、カメラのソフトウェア部分が日本語になっています。
これは日本語版が用意されているというより、MacOSXのように初めから各国語が用意されたソフトウェアが搭載されていると見たほうが自然です。
もしその見方が正しいなら、日本での発売がなくても、輸入して買うなりアメリカのお友達に代理購入してもらうなりすれば日本語で不自由しない製品が手に入ることになります。
日本での販売が、コダックではなく樫村の判断でなされる以上、ほとんど期待が持てないのではないかと感じています。これは米国での購入を本気で検討する価値があるかもしれません。
(想像を覆し、販売されることを願っています>樫村さま)

Appleもバッテリリコール

Digitalboo penguin

DELLのリコールで有名になったSONY製リチウムイオンバッテリー、Appleでもリコールが決定したらしいです。

Appleサイトでは、Battery Exchange Program が開始されており、2003年10月頃から2006年8月までに製造された各機種が該当しているようです。

詳細がアップルサイトで確認できるので、その期間にiBook、PowerBook、MacBookを購入した人は確認してみてください。
アップル: バッテリー交換プログラム – iBook G4 および PowerBook G4
アップル: 15 インチ MacBook Pro バッテリー交換プログラム

追記:上記サイトにて該当機種のシリアルを入力しても「シリアルが無効、または該当しない」と蹴られるケースがあります。
しかし実際は該当機種で、サーバーが混んでいてうまく処理できていないのだとか。
上記サイトで公表されているシリアルを確認して判断するのが正しいようです。
送信時にエラーが出て蹴られる場合には、時間をおいて再度送信すると受け付けてもらえるようになるかもしれません。

Power Mac G5 販売継続・・しかし

Digitalboo penguin

主要ソフトが全然インテルに対応していないので、現実的に必要なPower Mac、当然プロ向けを謳うなら販売継続でしょう。継続らしいです。
ところがびっくり。Power Mac G5、三つあったモデルの一番高いやつ(40万円)しか売られなくなりました。これは酷い。
当然、中古市場では値段が高騰するだろうし「Mac普通」を必要とするユーザーはますます遠くへ投げ飛ばされてしまうことになります。整備品コーナーを血眼になって漁るMacホームレスたちが目に浮かびます。
MDDもいよいよ流通が滞ってきたし、故障も増えてくるであろう昨今、業務ユーザーの苦難は続きそうです。

MacPro

Digitalboo penguin

Appleがインテル搭載のデスクトップを発表しました。
予想通りのMacProという名前です。形はPower Mac G5とほぼ同じ。
光学ドライブが2つ、ハードディスクが4つ搭載できるのは、名機MDDにやっと追いついた感じですか。Power Mac G5は搭載ドライブが2個というのがネックだったのでこれは歓迎されそうです。
何やら大袈裟に速さを強調していますが、その分お値段もプロ価格。最低基本構成が32万円だそうです。インテルになれば安くなるというデマが飛んでいたこともありましたが、そういうことはありませんでした。マジでBMWやベンツになりたいようです。
多くの人が欲しがっているであろう普通のデスクトップマシンは相変わらずラインナップから抜け落ちたままの状態、MacProとMac miniの間に「Mac普通」というのが存在しないのが痛いですね。
Windowsは起動できるくせにClassicソフトは動かないという歪んだ方針も継続中。往年のMac環境での資産を持ち越せる環境になればインテルMacももう少し視野に入るようになるかもしれません。
MacPro