新しいMac pro、iMac、その他新製品

Digitalboo penguin

もはやAppleにとってMacがどのような位置づけにあるのか、怒濤の新製品を投入してもトップページを飾らないことにその答えがあるような気がします。
というわけでひっそりと新製品。
iMac http://www.apple.com/jp/imac/
デザインそのまま、中身が新しくなりました。
ラインナップは21インチモニタモデルと27インチモニタの二種、細かいところの差を含めて4製品。価格は118800円~198000円と、若干お安くなってます。
Mac Pro http://www.apple.com/jp/macpro/
久々更新のMacPro。相変わらずのたくましさですね。デザインそのままで今回は最高12コアまで選べるとか。しかし内部の美しさはいつ見ても惚れ惚れしますね。8月中の発売、価格は少しは下がってくれるんでしょうか。
と、思ってたら4コアが228800円から、8コアが328800からだそうです。
27インチLED Cinema Display http://www.apple.com/jp/displays/
27インチのシネマディスプレイが登場しました。横長です。iMac27も横長です。横長ってどうなんでしょうね、コンピュータ的に。こちら9月発売。
Magic Trackpad http://www.apple.com/jp/magictrackpad/
トラックパッドが独立しちゃいました!
PowerBookもといMacBookなどノートタイプをよく使う人にとってはトラックパッドのほうがマウスより使いやすかったりするんでしょうか。
これ、なかなか大きなトラックパッドですね。キーボードと並べた写真を見ればその大きさが分かります。
これをそのまま動かすとマウスになるとかだったら面白そうだけど、そういうことはありません。
バッテリチャージャー http://www.apple.com/jp/battery-charger/
はて。こんなもの作ってますよ。不思議ですね。

iMacを外部ディスプレイとして使用可能

Digitalboo penguin

うっかり見落としがちな小さな記述、iMac特徴の下のほうにこう書かれています。
27インチiMacでは、このポートが入力ポートとしても機能するので、MacBookやMacBookなど、DisplayPort出力対応のデバイスをつなぎ、iMacをディスプレイとして利用できます。
これはさりげなく素晴らしいことではありませんか。

Apple、Appleと和解

Digitalboo penguin

長い間商標裁判で揉めてきたMacの米Appleとビートルズの英Appleですが、ついに和解に漕ぎ着けたそうですね。
米アップル、商標裁判でビートルズの英アップルと和解
なんと、今後Appleの商標は米Appleが所有し、英Appleは許可を得て商標を使い続けることになったという。
これは大逆転の結果ですね。不思議です。何がどうなったんでしょう。
・・いずれにしても、和解できてよかったよかった。
iTunesでビートルズ配信なんてことになれば大変な騒ぎになりそうです。

このニュースのオチ:ずっと後、ビートルズ出ました

Apple社名変更

Digitalboo penguin

Apple Computer, Inc.が、社名をApple Inc.に変更するという話です。
以前からの予想通り、MacやMacOSの終焉が近づいてきているのでしょうか。
Mac WorldでMac関連の発表が何もなかったのは、事業転換の強いアピールであると受け取れます。
MacOSの切り捨て以降、徐々にMacオリジナルをフェイドアウトさせていっていますが、もう少し生き延びてくれればと願っております。

新しいAirMac Extreme

Digitalboo penguin

AirMac Extremeも新しくなりました。
おなじみのU.F.O型からシンプルな四角になり、通信速度も802.11nという規格になりました。
一部の人が重宝していたという電話線のポートがなくなったのが残念。電話線ポートがFAXモデムになり、無線FAXが出来たりすることを密かに期待していたのですがそういう風にはならなかった模様。
ところで速度アップ、AirMacカードでも恩恵があるんでしょうか?

追記:ないそうです。恩恵があるのは

Intel Core 2 Duoを搭載したiMac、MacBook、MacBook ProおよびAirMac Extremeカードを搭載したMac Pro

ということで。

Wii 12月2日発売 25000円

Digitalboo penguin

本日開催された「Wii Preview」にて、Wiiの詳細が発表されました。
・バーチャルコンソール…過去のゲーム機のソフトをダウンロード購入できるシステム
 ファミコン500円程度、スーファミ800円程度、64は1000円程度で配信されるとのこと。
 クレジットカードまたはプリペイドカードで決済。
 ラインナップは年内60タイトル前後、その後、月10タイトル程度が追加されていくらしい。
・発売日は12月2日、価格は25000円(税込み)
 同梱されるリモコンとヌンチャクは各1。ケーブル付属(端子形状は未確認)
 別売り価格:リモコン 3800円、ヌンチャク 1800円、クラシックコントローラー 1800円。
・同時発売ソフト
 任天堂からは「ゼルダの伝説」「Wii Sports」「おどるメイドインワリオ」「ポケモン」
 他、10社から16タイトル。
 ソフトの価格帯は4800~6800円。
・Wiiチャンネル
 起動画面はWiiチャンネルと呼ばれ、メニューからバーチャルコンソール、ゲームキューブをセレクトする他、写真を見たり、天気予報を見たり出来るらしいです。
ニュースリリース

Mac miniも

Digitalboo penguin

iMacの影に隠れて見落としがちですが、Mac miniもスペックアップされていました。

  •  1.66GHz コンボドライブ 60GB HDD 74,800円
  •  1.83GHz スーパードライブ 80GB HDD 99,800円

最初のMac miniが登場したときの価格はインパクトがあり、ゲーム機代わりにテレビに繋いだり、車載を試みたり、音楽や写真専用機としてさりげなく置かれたりと、何やら新しいマシンとしての存在感がありましたが、Intel化に伴って値上げされてからはどうにも中途半端な価格の中途半端なスペックの普通のパソコン、というところに落ち着いたように思えます。iMacと比較したときのコストパフォーマンスの悪さがはっきり見て取れますね。ハードディスクの容量などは最早論外のレベルです。
モニタをすでに持っていてサブ機のMacが必要な人、或いは大量導入の法人などが購入層なのでしょうか。

Appleもバッテリリコール

Digitalboo penguin

DELLのリコールで有名になったSONY製リチウムイオンバッテリー、Appleでもリコールが決定したらしいです。

Appleサイトでは、Battery Exchange Program が開始されており、2003年10月頃から2006年8月までに製造された各機種が該当しているようです。

詳細がアップルサイトで確認できるので、その期間にiBook、PowerBook、MacBookを購入した人は確認してみてください。
アップル: バッテリー交換プログラム – iBook G4 および PowerBook G4
アップル: 15 インチ MacBook Pro バッテリー交換プログラム

追記:上記サイトにて該当機種のシリアルを入力しても「シリアルが無効、または該当しない」と蹴られるケースがあります。
しかし実際は該当機種で、サーバーが混んでいてうまく処理できていないのだとか。
上記サイトで公表されているシリアルを確認して判断するのが正しいようです。
送信時にエラーが出て蹴られる場合には、時間をおいて再度送信すると受け付けてもらえるようになるかもしれません。

Power Mac G5 販売継続・・しかし

Digitalboo penguin

主要ソフトが全然インテルに対応していないので、現実的に必要なPower Mac、当然プロ向けを謳うなら販売継続でしょう。継続らしいです。
ところがびっくり。Power Mac G5、三つあったモデルの一番高いやつ(40万円)しか売られなくなりました。これは酷い。
当然、中古市場では値段が高騰するだろうし「Mac普通」を必要とするユーザーはますます遠くへ投げ飛ばされてしまうことになります。整備品コーナーを血眼になって漁るMacホームレスたちが目に浮かびます。
MDDもいよいよ流通が滞ってきたし、故障も増えてくるであろう昨今、業務ユーザーの苦難は続きそうです。

MacPro

Digitalboo penguin

Appleがインテル搭載のデスクトップを発表しました。
予想通りのMacProという名前です。形はPower Mac G5とほぼ同じ。
光学ドライブが2つ、ハードディスクが4つ搭載できるのは、名機MDDにやっと追いついた感じですか。Power Mac G5は搭載ドライブが2個というのがネックだったのでこれは歓迎されそうです。
何やら大袈裟に速さを強調していますが、その分お値段もプロ価格。最低基本構成が32万円だそうです。インテルになれば安くなるというデマが飛んでいたこともありましたが、そういうことはありませんでした。マジでBMWやベンツになりたいようです。
多くの人が欲しがっているであろう普通のデスクトップマシンは相変わらずラインナップから抜け落ちたままの状態、MacProとMac miniの間に「Mac普通」というのが存在しないのが痛いですね。
Windowsは起動できるくせにClassicソフトは動かないという歪んだ方針も継続中。往年のMac環境での資産を持ち越せる環境になればインテルMacももう少し視野に入るようになるかもしれません。
MacPro

アップル大盤振る舞い(またはやけくそ)

Digitalboo penguin

最近送られてくるアップルのダイレクトメール、ことごとくアップルストアのクーポンが付いていますね。
100000円買うと10000円引き、25000円買うと2500円引き、200000円買うと20000円引き、と次々にやってきます。これまでクーポンメールがこれほどの勢いで来たことはなかったんではないでしょうか。
それに加えてソフトウェアが軒並みお買い得価格に。
Shake4.1がなななんと62000円に価格改正(アップル、Shake 4.1を発表
これぞびっくりプライス。
あと、今日まで知らなかったんですが、Final Cut Studioのアップグレード料金が大幅値下げしてたんですね。私はFCP4のユーザーなのですが、Studio 5が出たときにアップグレード価格が75000円なので諦め、せこくSoundtrack Proだけ単品アップグレードしておりました。今は4のユーザーがStudio5に24600円でクロスグレードが可能になっています(もうちょっとまってればよかった)これもびっくりプライスです(ProアプリケーションのUniversalクロスグレード
ただのFinal Cut Proのユーザーが安価でFCP5とDVD Studio ProとMotionを手に入れられます。
他にも、Apertureも確か半額近くに価格が改正されてましたね。
プロソフト大盤振る舞いですね。
・・・それほど売れてないんでしょうか。勢いがついているんでしょうか。それとも、やけくそなのでしょうか。

Appleと任天堂

Digitalboo penguin

以前からAppleがゲームプログラマを募集しているとか、ゲームに再参入か、なんて噂がありました。
個人的に、Wiiのバーチャルコンソール(ゲームのダウンロード販売。iTunesを意識していることは社長の発言にもありました)との何らかの関係があるかも、なんていう頓珍漢な妄想をしてました。
しかしここにきて、とんでもない噂が出てきている模様。
気になる記になる
買収や合併があるとは思えませんが、バーチャルコンソールとiTunes Music Storeが何らかの協力関係にあるとすれば、よだれだらだらの妄想で脳内麻薬出まくりです。
ま、妄想は妄想のまま終わるかもしれませんが。

オチ:完全に妄想でした。

テキスト画像化が一部改善

Digitalboo penguin

iWeb1.1では、テキストが画像になる問題が一部修正されています。
検証用サンプルサイトで試したところ、Blogのリストは画像化しないようになっています。
本文は画像化されました。
新しいテンプレートでは防げているのでしょうか。検証していないので何とも言えません。