ProKit アップデート 5.1

Digitalboo penguin

ProKit アップデート 5.1がソフトウェアダウンロード経由で配布されています。

この ProKit アップデートにより、アップルのプロフェッショナルアプリケーションで共有されるユーザインターフェイスのソフトウェアリソースに関する問題が解決されます。解決される問題は以下の通りです:

スクロール動作の不具合を修正しました。
メモリ・リークが解消され、パフォーマンスが向上しました。
特定のアプリケーションの警告ウインドウで、インターフェイス要素のレイアウトに対処しました。
Final Cut Studio、Final Cut Pro、Motion、Soundtrack Pro、DVD Studio Pro、Aperture、Final Cut Express、Soundtrack、Logic Pro および Logic Express のすべてのユーザにこのアップデートをお勧めします。

確かにプロアプリケーション使用時の何とももたつくようなガクガクしたような使いにくさは常々感じてました。
先日のAperture 3.01アップデートでもまだしっくりこない使いにくい状況が少しでも改善されていればいいのですが。

コメントを残す