⌘英かな に変えてみた ・・・駄目だった

keyboard

MacのOSを10.12に上げてしまってからグラフィックソフトのコマンド絡みのショートカットがまともに動作せず、それはKarabiner-ElementsのせいであったからKarabiner-Elementsの使用をやめれば解決と以前書きました。その続きの雑文です。[追記あり]

“⌘英かな に変えてみた ・・・駄目だった” の続きを読む

Sierra 10.12 の iTunes が iPhone SE を認識しない件の解決

iTunesがiPhoneを認識しなくなることはよくあることのようです。原因や対処もさまざま、使用している機種やOSの問題もあります。ここでは、macOS 10.12、iTunes 12.8、iPhone SE (iOS12)のケースで問題と解決を記しておきます。

“Sierra 10.12 の iTunes が iPhone SE を認識しない件の解決” の続きを読む

macOS10.12 Sierra でトンネル接続

風の噂で「macOS10.12からいろいろ仕組みが変わってSSHがややこしくなってテントウ虫Coccinellidaも動かなくなった」と聞いてOSを10.12に上げることは金輪際ないであろうと思っていましたがそうもいかず、あれこれ調べたりテストしたりしました。

“macOS10.12 Sierra でトンネル接続” の続きを読む

mac 赤い点線の下線を消す方法

Macを使ってテキストを入力していると時々赤い点々の下線が表示されます。目にうるさい真っ赤の点々が現れ視界を遮りイラつかせますね。「何だこれは」と思いつつ普段は無視していますがやはりこれは消したくなります。
“mac 赤い点線の下線を消す方法” の続きを読む

OSX El Capitan を今ごろ試用して使用に耐えるかどうか見てみる

今ごろになって10.11 El Capitanを試してみるという感傷的な記事です。最低限の必須ユーティリティが動くのを確認し、常用に耐えうるのか最初の判断のヒントにします(2016-10-27追記)

“OSX El Capitan を今ごろ試用して使用に耐えるかどうか見てみる” の続きを読む

SnowLeopard  クリエータを認識できない

Digitalboo penguin

SnowLeopardのFinderにおいて、不審な挙動の報告が相次いでいます。
「クリエータ情報を認識しない」です。
ご存じの通り、Macのファイルにはクリエータとタイプという二つの属性があります。
クリエータは「どのアプリケーションで作成されたか」、タイプは「ファイルの種類」で、それぞれ明確に記されています。
あるタイプの書類があるとして、ダブルクリックすればそれを作成したアプリケーションが立ち上がるという優れた仕組みです。
これがSnowLeopardでは認識できないとのこと。
クリエータ情報を無視して、あるひとつのアプリケーションが勝手に起動するらしいのです。
MacOSX自体、クリエータに関しては中途半端な挙動を繰り返しており「最後に編集したアプリケーション」を無視したり認識したりと、不具合がずっと温存されていました。これを修正しないままのSnowLeopardの仕様であるとすれば、酷い改悪といえるでしょう。
不具合であるなら早い対応を望みます。

Snow Leopard 互換情報 -MOTU

Digitalboo penguin

MusetexからもSnow Leopard対応状況のメールが届きましたのでお知らせしておきます。

本日発売の Mac OS X 10.6 Snow Leopard へ
いち早く MOTU 製品が対応しました!
ほとんどのソフトウェアが現行最新アップデータにて対応済です。
最新アップデータをインストールすることで、
Ethno を除く全ての MOTU ソフトウェアおよび
ハードウェア製品が Snow Leopard 対応となります。

おっ。音楽用品は対応遅いもんだというのが常識ですが、頑張ってますね。
musetxの対応状況のページ。
MOTU / AudioEase 製品 OS 対応状況一覧

Snow Leopard 互換情報

Digitalboo penguin

互換性が怪しいのでSnow Leopardは仕入れていないのですが、現時点の情報をいくつか挙げておきます。
Nikon フィルムスキャナ-ドライバ
 Snowどころか、Leopardにも未対応(Leopardで騙し騙し使えたような気がしますが)
エプソン
 EPSON周辺機器製品のMac OS® X v10.6 “Snow Leopard”への対応について
 私の使っているやつは冬頃対応するらしい。
ジャストシステム 
 Atok2009は対応版だとか。
Adobe
 
VectorWorksは全滅です。
◆Vectorworks2009(SP4)のMacOSX10.6 SnowLeopard上での動作について

snow Leopard Adobeの対応

Digitalboo penguin

Adobeのsnow Leopardへの対応状況
当然のことながらこういう回答です。
Adobe CS4以前のアプリケーションについては動作検証を行っておりません。旧バージョンのアドビおよびマクロメディアのアプリケーションの中には、Mac OS X Snow Leopard(v10.6)でのインストールおよび実行が可能なものもあります。しかし、これらは本来、この最新のオペレーティングシステムが公開される数年前に開発、動作確認、発表が行われたものです。したがって、これらのアプリケーションに関しては、解決策のないインストール時の問題や、動作安定性、信頼性に関わる様々な問題が発生する可能性があります。旧バージョンのクリエイティブソフトウェアに対しては、Mac OS X Leopard(v10.6)に対応するためのアップデートを提供する予定はありません。
旧バージョンがどの程度使えるのかは、使ってみないと判らないということですね。

OS X 10.6 Snow Leopard

Digitalboo penguin

AppleがSnow Leopardを発表し、28日に発売らしいです。
目新しい新機能よりも、最適化、速度アップが中心のようです。
新機能、概要
 洗練
 テクノロジー
 ユニバーサルアクセス
 Exchange
Mac OS Xとはで、もう少し具体的な内容を見ることが出来ます。
あ、QuickTime Xですね。これ新しいですね。最適化の恩恵が期待できそうです。
「互換性」というタブをクリックすると、ExchangeやWindowsとの互換性に関するページに飛びます。
それはいいんですが、「Macとの互換性」はどうなってるんですか。
そういう記載はなかなか見つかりません。
Macとの互換性プリーズ。
(ないだろうけど)
さらに具体的にはアプリケーションとユーティリティのページでどぞ。
Leopardからのアップグレードは3300円。安っ。
Macとの互換性についての情報が不足しているので、私はもう少し待ちましょうかね。
Apple Storeでは金利1%キャンペーンも実施中。

LeopardでClassic環境なくなる

Digitalboo penguin

MacOSX LeopardをインストールするとClassic環境が使えなくなるそうです。
これは「Classicが起動しないLeopardの不具合」ではなく「Classic環境を使えなくする仕様」らしいので、アップデータでも解決しない部類の問題です。
アップルはこの件を公にしていないため、知らずにLeopardを買ってしまって被害に遭われている方も出ているようです。
Classic環境が必要な人はOSのアップグレードをしないように注意が必要です。

Mac OS X Leopard

Digitalboo penguin

つい「レオポルド」ど読んでしまいますが英語読みではなんて言うんでしょう。レパード?
というわけで来年出る新しいMacOSXのプレビューが紹介されました。

・Time Machine

バックアップのようなものらしい。外付けを用意したら、内蔵HDDの全てを自動でバックアップしてくれるのだとか。
ひとつだけ疑問。例えば震災や火事の時、とりあえず外付けだけを持って逃げるとしましょう。後でこの外付けからリストアすることが出来るのでしょうか。それが出来れば新しいバックアップツールとして期待。

・Mail

紹介文には、リッチテキストかHTMLメールらしきものを簡単に作れるとあり、絵や写真をドラッグして鬱陶しいメールを作らそうとしています。とんでもないことをしてくれるものです。

・Spaces

デスクトップを複数切り替え?オンラインウェアでおなじみのやつですね。
あとはiChatなどが紹介されています。spotlightも少しは使い物になる改良がされていることでしょう(多分)

Classic環境はまだありません。

もうひとつ、シークレット機能があるそうです。Finderが変なことにならないことを祈るばかり。

MacOSX