WordPress 5.6でAddQuickTagが表示されない問題の解決

WordPress 5.6以降、プラグインAddQuickTag がビジュアルエディタで表示されなくなったので解決します。

AddQuickTag がビジュアルエディタで表示されない問題

WordPressのプラグインAddQuickTagは長らく皆に愛用されているエディタ入力補助のプラグインです。

AddQuicktag

あるときからエディタのビジュアルモードで表示されなくなり、入力作業がとても不便になってしまいました。あるときというのはWordPressのバージョンが5.6になってからです。

この問題の解決方法について、ひとつはWordPressのバージョンを下げます。しかしもう一つ単純な解決がありました。ブラウザの強制再読み込みです。

このポストはWordPressのバージョンを下げる内容でしたが、追記して書き換えます。余計な部分をすっ飛ばして結論↓

WordPress のバージョンダウン

5.6で問題が出たのなら5.5に戻してみよう、と思ったのでこの記事を書きましたので敢えてこの部分を残します。5.5の最終バージョンはいくつでしょう。ここにありました。

リリース

なるほど 5.6 の1個前は 5.5.3 のようです。これに戻してみよう。と、ダウンロードしておきます。ダウンロードはしたものの、なんだか面倒で放置していました。

そんなものぐさな人間に便利な、WordPressのバージョンをかんたんにダウングレードしてくれるプラグインがあるという。

WP Downgrade | Specific Core Version

さっそくインストールして有効化して設定してみましょう。目的のバージョンを入力するだけです。

wp downgrade setting

変更を保存するとインストールに関するページに遷移して、OKで進めると自動でダウングレードが開始されほどなく完了しました。

消えてなくなっていたAddQuickTagのインターフェイスも復活し、入力のしやすさを再び手に入れました。

おめでとうございます。やはり原因は WordPress 5.6 でした。

 

ブラウザの再読み込み

が、この話には続きがあります。

WordPress 5.6 のサイトで編集しているとき、AddQuickTagのプルダウンが表示されていることに気づいたんです。わお。何のことかこれは。問題なく表示されてるやん。

AddQuickTag WordPress5.6.1
WordPress 5.6.1 AddQuickTagが表示されてるよ

ぽかーんと眺めまして、何が起きたか考えます。

ひとつはWordPressのバージョンが5.6.1になっていること。でもこれはあまり関係なさそう。なぜなら、同じバージョンでもサイトによって表示されたりされなかったりしてるからです。

ということなら可能性はキャッシュとかブラウザの問題でしょうか。果たして答えはそうでした。

ブラウザを再読み込みすることでAddQuickTagが表示されるようになりました。普通の再読み込みじゃなくてキャッシュを無視してフルで読み込む強制再読み込みです。

わざわざWordPressのバージョンを下げなくても強制再読み込みで行けるんならそれで良かったわけで、何という無駄なことをしたものかと我ながら呆れます。

考えてみれば、ポストの編集画面で強制再読み込みをすることなんてまずありませんよね。これが盲点でした。

強制再読み込みを繰り返す

AddQuickTag が表示されないとき、エディタ画面を強制再起動読み込みしてみる。これで直ります。一度で駄目なら二度三度。三度で駄目なら四度五度。表示されます。

出たと思ったらまた消える

しばらく使っているとまたAddQuickTagが消えます。消えるのがデフォのようです。「更新」するだけでも消えます。

消えたら強制再読み込みします。一度で駄目なら二度三度。三度で駄目なら四度五度。ちょっと厄介だけどこれでOK。

結論

WordPress 5.6 との相性は確かに悪いです。バージョンを5.6に上げないのも一つの手ですが、連続強制リロードで何とか乗り切れそうです。

Digital Boo Pennguin Icon5.5に下げる内容の記事でしたが真実を知った以上、追記して書き換えました。書き換えることを改竄といいます。「書き換えたが改竄ではない」という日本語独自ルールは採用しません。