宮本茂氏インタビュー

Digitalboo penguin

雑誌 Nintendo Dream 9月号に掲載された宮本茂氏のインタビューがニンドリ.comに掲載されています。
宮本茂という人はドンキーコング、スーパーマリオ、ピクミン、ゼルダの伝説、nintendogsなんかを作ったあまりにも有名な任天堂の人。フランスで勲章まで貰っていますし、アメリカでのイベントなんかでは登場するだけで総スタンディングです。これほどの大物なのに、どういうわけか国内での露出は極めて少なく、国内における文化人の露出が如何に功績とは無関係であるかを物語っています。つまり宮本氏あるいは任天堂が、厭らしい政治的活動あるいは金銭による話題の売買を行っていない証拠と見て取ることもできるということです。まそれは余談として。
インタビューの中で、DSやWiiについてもナチュラルな語りの中に、長年の研究と試行錯誤の末の結果であるというようなことが示されています。DSの大ヒットは決して思いつきや一時のブームではないことが伺えるでしょう。
このインタビューの続きは現在発売中の Nintendo Dream 10月号に掲載されています。
(店頭で手に取るのが恥ずかしかったのでAmazonで買ってしまった)

コメントを残す