FileMakerでWordPress 新規ポスト

FileMakerでWordPressを編集するシリーズです。何かにつけて「新規は危険なのでやらないほうがいいです」と書きましたがやっぱり新規を作りたい曲面もあります。FileMakerを使ってローカルから新規ポストを作ってみましょう。

広告

新規ポストの注意

新規ポストを作るときの注意点は次の二点です。

  • IDはWordPressが作ってくれますから作成の邪魔しちゃいけません
  • 空欄不可の項目がありますから対処を忘れずに

これを踏まえて新規ポストを作ります。適当にpostsテーブルに新規レコードを作ってタイトルだけ入れたらエラーになります。ですので、新規ポストについてはスクリプトに仕込んでおき、常にそのスクリプトを実行するというのが望ましいと思います。

新規ポストの手順

WordPressには新規ポストを作る関数が用意されています。

wp insert post

データベースにポストを追加するコマンドです。phpではこのように書きますね。

関数リファレンス/wp insert post

この関数は値のチェックやデフォルト値の設定を行います。FileMakerから新規を作るとき、このコマンドを真似れば上手くいきそうです。

wp_insert_post のリファレンスに詳しく載っていますからよく読んで、必須のデフォルト値をフィールドに挿入できるようスクリプトを仕込みましょう。

必須項目に何を入れていいのか分からないときは空文字を入れます。「””」とか「 (スペース)」とか。何も入れないとエラーが出ます。

  • ‘post_status’ => ‘draft’, 普通はdraftかと思います
  • ‘post_type’ => ‘post’,ポストタイプを選びます
  • ‘post_author’ => $user_id, 放置でデフォルト値が入力されます
  • ‘ping_status’ => ‘closed’または’open’または放置でデフォルト値が自動で入力されるっぽい
  • ‘to_ping’ => ”, 必須と忠告出ますので空文字
  • ‘pinged’ => ”,必須と忠告出ますので空文字
  • ‘post_content_filtered’ => ”,必須と忠告出ますので空文字
  • ‘post_date’ => [ Y-m-d H:i:s ] 作成日時
  • ‘post_date_gmt’ => [ Y-m-d H:i:s ] 作成日時(GMT)
  • ‘post_excerpt’ => ”,必須と忠告出ますので空文字
  • ‘post_content’ => ”, 必須と忠告出ますので空文字
  • ‘post_title’ => ” これは必須ですわな

多分このようなところかと思います。

FileMakerのスクリプト

新規ポストのスクリプト、自分は二段構えにしています。

wp_posts table

最初のスクリプトはダイアログを次々と表示させてポスト種類、ステイタス、タイトルなど必要事項を入力または確認していき、それぞれグローバル変数に格納します。

次のスクリプトに繋げ、実際に新規レコードを作成して仕込んでいた変数をそれぞれのフィールドにだーっと配置します。最後に確認してついでにローカルpostsに同じデータを作って確定します。

このような二段構えのスクリプトに加えて、新規ポスト専用レイアウトを作ったりして慎重な手順を踏んでいます。

FileMakerで新規ポストを作るときは「空欄不可」と「必須」への入力を忘れずに処理することだけが肝心な部分です。これさえ踏まえていれば何も恐れることはありませんね。

 
次の記事に続きます。
FileMakerでWordPress カスタムフィールド

広告
FileMakerでWordPress / FileMakerでWordpress編集
カテゴリーソフトウェア, WordPressタグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください