Too、Strata 3D CX アップグレードキャンペーン

Digitalboo penguin

ただでさえ少ないSTRATAユーザーを完璧に敵に回した”地獄の超高値アップグレード料金”でユーザーガタ減りのSTRATA 3Dですが、Software tooがキャンペーンの名の元に値下げを行っていました。

■STRATA 3D CX 4J 最終アップグレードキャンペーンのお知らせ

金額は
STRATA 3DPro 3~3.7から 56700円→37800円
Studio Proから 93450円→60900円など。

しかし今更感が強い上に、やはり思い切った価格で勝負できなかったようです。

本国ではすでにCX5が発売されていますし、CX4へのアップグレードはStudio Pro ユーザーが128ドルでした。驚くべき価格差です。日本語版からのアップグレードも受け付けていました。(現在はCX4でユーザーの移行が済んだと見たのか、CX5へのアップグレードは高価になってます。乗り遅れた人は残念でした)

STRATA com

今回のキャンペーンで、STRATA 3D Pro3以上のユーザーなら検討してみる価値がありそうです。英語版だと、マニュアルももちろん英語だし、日本語が使えない弱点があります。

尚、STRATA 3Dのソフトの出来そのものは決して悪くないです。
手軽なデザインツールとしてこの使いやすさに匹敵する3Dソフトはないでしょう。

Soft Ware Tooのアップグレードに関してもう一つ苦言を。
アップグレード方法が全てPDFをダウンロードして手書きで書き込み、クレジットカード番号まで書かせた揚げ句「FAXか郵送で」とは、セキュリティに関して意識が低すぎます。
誰がクレジット番号を書いた書類をファクスなどで送るものか。
私は他のソフトに関しても、Tooのこのアップグレード方法が気に入らず、銀行振込も面倒くさいので申し込み寸前で取りやめたことが何度もあります。

GoLiveCS2が今ごろ使い物になるの件

Digitalboo penguin

パソコンソフト史上、稀に見る最悪の落ちソフト、Adobe GoLive CS2ですが、今日、adobeのフォーラムを久しぶりに覗いてみたら安定を図る解決策が発見されていました。
なんと、ことえりを切ってEGBRIDGEを使用する、という意外な方法です。
詳しくはArbitraryさんのエントリに報告されています。
この方法で安定したという報告もあり、興味深いところです。
ところでAdobeはユーザー無視のバグ放置と株価しか見ていない投機屋体質でも一部有名ですが、噂ではGoLiveは闇に葬るつもりであるらしいです。
GoLiveもDreamWeaverも共に買い取ったソフト、買うだけ買って市場を独占し、その後利益至上主義の観点に基づいて、ユーザもろともポイっと捨てるのですね。アップルといいアドビといい、アメリカってこんな会社ばっかりかいな。
ま、それはさておき、ゴミソフトGoLiveCS2がEGBRIDGEのおかげで使い物になるとすれば、これは歓迎すべきことです。

テキスト画像化が一部改善

Digitalboo penguin

iWeb1.1では、テキストが画像になる問題が一部修正されています。
検証用サンプルサイトで試したところ、Blogのリストは画像化しないようになっています。
本文は画像化されました。
新しいテンプレートでは防げているのでしょうか。検証していないので何とも言えません。

コメント失敗

Digitalboo penguin

アップデートされたiWebでコメントを付けてみたところ、エラーでアップデートできませんでした。
サンプルページに戻って確認したところ、「コメント」ボタンがページ内のあらぬところに現れ、これを移動して修正することが不可能でした。
どうやら、ページ内の最初のテキストボックスのすぐ下に現れるようです。
何度やっても公開エラー。
「コメントを許可」のチェックを外し、3度ほど公開を試みてやっと成功。
従ってコメント実験は失敗です。
サンプルサイト

2006.5.16 アップデート

Digitalboo penguin

iLifeソフト群がアップデートされています。

iWeb に対するこのアップデートは、.Mac 上に公開された Blog と Podcast へのコメントおよび検索機能のサポートを追加します。 また、サイトの読み込み性能を改善するためのイメージ管理の修正を含む、 すべてのユーザのための、 さまざまな使いやすさと性能の問題にも対処しています。

多少は読み込みが早くなっているでしょうか。
相変わらず、テキスト画像化問題については触れていません。
「公開」を選んだとき 「変更内容のみ公開」が出来るようになったようです。
また、アップロードがバックグラウンドで処理されるようになり、アップロードの煩わしさが軽減しています。アップロード中は左側のサイト名の横に進行状況を示す丸いアイコンが現れます。
コメントはインスペクタの RSS にて「コメントを許可」チェックボックスを選択します。
ページに現れる「コメントを追加する」の文字の大きさは修正できないようです。文字でかいです。

ソフトウェアアップデート MacOS 10.4.6

Digitalboo penguin

ソフトウェアアップデートからMac OS Xアップデート 10.4.6が使用できます。
結構な重量のアップデートで、詳細は以下の通り。
すべての対象ユーザの方々に、10.4.6 アップデートの適用を推奨します。このアップデートには、オペレーティングシステムの全般的な修正のほか、次のようなアプリケーション、サービス、テクノロジーに関する修正が含まれています。
– 各種のネットワーク環境におけるログインと認証
– AFP ファイル共有でのファイルアクセスとバイトレンジロック機能
– プロキシサーバの自動構成ファイル使用時のネットワークアクセス
– IP/Sec を使用した Cisco VPN サーバとの接続
– Bluetooth のワイヤレス機器の使用
– iWork ’06 や Microsoft Office の書類の Spotlight 検索
– ネットワークホームディレクトリ使用時の Word 書類の自動保存
– iPhoto 6 用の Automator ワークフローの作成
– .Mac や携帯電話とのアドレスデータ、カレンダーの同期処理
– iDisk ボリュームのマウント、マウント解除の処理
– 他社製アプリケーションやデバイスとの互換性
– 以前に、単体で実施されたセキュリティアップデート

近々、iLifeやiWorkのアップデートもありそうな気がします。
さてアップデート後再起動してさらに再起動されて、ちょっと触ってみたところ何が変わったかはわかりません。ただFruitMenu(アップルメニュー)の階層表示が早くなった気がします。気のせいじゃなければこれは嬉しい。今まで遅くてイライラでした。
それとiDiskへのアクセスも早くなっているように感じます。
Xの遅さの代名詞、ウィンドウリサイズも随分ましになっています。
(以上MDDにて体感)

保護されたAACの音量

前回お伝えしたiVolumeですが、3000曲程度の音量調整が終わり、結果はすこぶる快適です。賢いです。
そこでどうしても置いてけぼりの保護されたAACをどうするのかが問われるところです。
iVolumeがサウンドチェックオンを前提としている以上、下手っぴに調整された保護された曲も我慢してそのままにしておくしかありません。
しばらく聞き比べた結果、純正サウンドチェックはかなり音量が小さくなっている模様なので、一律82%アップしてみました。
ライブラリ画面で種類別にソートし「保護された..」を全選択、コマンドiにてボリュームスライダを調整します。
itunes82.jpg
サウンドチェック自体の出来の悪さはそのままとはいえ、iVolume92dbで調整した曲との音量の差はかなり縮まりました。
今後保護されたAACを買ったときは無条件にボリュームを82%アップする、と。しばらくこれでいってみようと思います。

音量を如何に

シャッフルして聴いているとどうしても曲の音量差が気になります。作品毎に音量や音圧に差があるのは当たり前ですが何とか耐えられるくらいに音量の調整ができないものでしょうか。
iTunes3から「サウンドチェック」機能が備わって「ばらつきのある音量を揃えることが出来る」と説明されています。しかしこれ、使ってる人なら分かると思いますが全然駄目です。

“音量を如何に” の続きを読む

まとめ再び

Digitalboo penguin

カテゴリーiWebで絞り込んでいただければ比較的分かりやすいと思うのですが、実験途中の仮の結論ページが検索でよく引っ掛かってるようですのでもう一度克服した結論を書いておきます。
この結論以降にアップデートがあって、状況はまた少し変わってるところもあります。
1 テンプレート
 テンプレートによって英文でさえ画像になるものがある。
 そのテンプレートを使わないか、またはテンプレートを開いてフォント(Arial)を変更する。( アップデートで修正される可能性大)
2 フォント
 ゴシック系以外は画像化する。装飾を施したり、画像化するフォントとの混在も画像化する。(アップデートで修正され、現在は明朝体でもテキストのまま書き出されるようになった)
3 文章
 テキストボックスで折り返しがあると画像化する。
 折り返しがあるときは、半角スペースを挿入する。
  その時、前回のスペース位置を折り返して越えないように次のスペースを挿入する。
4 画像化してしまったテキストボックスはコピペで修正しない。破棄する。
 (1~3を守れば、想定外の画像化は起こりませんのでこの項目は厳密には不必要になります

iWeb 1.0.1 テンプレートで明朝体

Digitalboo penguin

結果が出ましたのでご報告。
・水彩
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・旅行
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・ベイビー
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・キッズ
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・ナイトライフ
 テンプレートは画像。日本語も画像となる
・フリースタイル
 テンプレートはセリフ。日本語はテキスト、ゴシックとなる(またはブラウザの標準?)
・ロードトリップ
 テンプレートはクーリエ系。日本語はテキストのゴシックとなる
。フォーマル
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる

iWeb 1.0.1 アップデートで明朝体OKに

Digitalboo penguin

ップデート後、謎のトラブルに見舞われて数時間を無駄にしましたがその話はまた今度。
それより、今回のアップデートにより日本語明朝体がテキストのまま書き出されることがわかりました。
このページです。
テンプレートはFormal。
実は編集中はゴシックなのですが、フォントの指定を変えずに公開すればちゃんと明朝体になっています。
ふと気付いたので、この件の詳細については何も分かりませんし、他のテンプレートで試してはいませんが、明朝体の日本語を使いたい人には朗報ですね。
——————–
その後、サンプルページを使って色んなテンプレートで日本語を入れてみました。結果は如何に。
このページ からリンクしてる各テンプレートのBlogにて。

ソフトウェアアップデート2006.2.16

Digitalboo penguin

ソフトウェアアップデートにより以下のソフトがアップデートできます。
iDVD 6.0.1
iPhoto 6.0.1
iMovie 6.0.1
iWeb 1.0.1
iTunes 6.0.3

iDVD

iDVD 6 に対するこのアップデートは、ほかの iLife アプリケーションとの連携、古いバージョンのプロジェクトの読み込み、およびテーマ関連の問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iPhoto

iPhoto に対するこのアップデートは、Photocast、大規模なライブラリでのサムネール表示、およびカード、カレンダー、ブックの注文に関する問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iMovie HD

iMovie HD 6 に対するこのアップデートは、Ken Burns のレンダリングパフォーマンス、移動バーのパフォーマンス、およびテーマイメージの品質の問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iWeb

iWeb 1.0 に対するこのアップデートは、公開と Blog に関する問題を改善します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iTunes

iTunes 6では、iTunes Music Store にある 2,000 以上のミュージックビデオと人気テレビ番組を視聴、購入、およびダウンロードできます。購入した曲やビデオは、iPod と同期して持ち歩くことができます。購入したビデオを再生するには、QuickTime 7.0.3 以降と Mac OS X 10.3.9 以降が必要です。

iTunes 6.0.3では、iTunes 6.0.2に対して、安定性とパフォーマンスが改善されています。

注意:iTunes 6以降を使って iTunes Music Store から音楽を購入した場合、購入した音楽を、お使いのほかのコンピュータでも楽しむためには、それらも最新版の「iTunes」にアップグレードする必要があります。

ということのようですが、さてiWebの「小さな問題にも対処」って何のことでしょうか。

GoLive ソフトウェアアップデート効果なし?

Digitalboo penguin

MacOSX10.4.5 がソフトウェアアップデートから実行できます。
主にIntelMac向けのアップデートと細かいバグフィックスらしいです。
もちろんiWebの不具合など、大きな修正点はないです。
それよりも細かいバグフィックスで気になるのは、
そう、世紀の落ちソフト、Adobe GoLive の落ち具合です。
早速アップデートして再起動して、いつものようにGoLiveで作業を始めました。
この一時間の作業で3度落ちました。
・・・酷いときは5分に一度落ちてたので、これは改善と見るべきか改善なしと見るべきか。まぁ改善はないのでしょうきっと。
10.4とGoLiveの組み合わせ、史上最悪の不具合コンビですが、Xが悪いのかGoLiveが悪いのか、それは私には分かりません。一つ言えることは、例え落ちやすくなった10.4といえども、GoLiveほど落ちるソフトは他に例がないという事実だけです。
これほど落ちるのは、そう、漢字Talk7.5.2でシステム変更ユーティリティを沢山インストールした上でPremiereとPainterとNow Up To Dateと正体不明の変なゲームを同時に立ち上げていた頃以来、いやそれ以上の頻度かもしれません。
・・・ちょっと大袈裟でしたか

iWeb その他

Digitalboo penguin

他のテンプレートの例とAutometerの覚え書き
他のテンプレートの例をサンプルサイト に。
テキストが画像になるテンプレートは”ナイトライフ” のようです。
これを使用したいときは、テンプレートソースを開いて、フォントを変えればいいということですね。
明朝体のテンプレートソースでヒラギノ明朝を指定しても、やはり画像になってしまうのは避けられないこともさらにはっきりしました。もうこれは仕様かバグかバグ仕様か、どうにもならないです。
先の話題ですが、自動に作られるアーカイブなどのリストのCSSを変えてしまおうっていうやつ、やはり公開する度に手動で.MacのフォルダにCSSをコピーするのはとてもとても面倒な作業なのでAutometerで自動化することにしました。その例はこちら
簡単なことですが、この簡単なこともなかなか出来ないものですね。Autometer、初めて使いました。

iWeb コメントが付くのでしょうか

Digitalboo penguin

iWebにコメントを付けるiCommentというソフトがあるらしいです。iComment

英語のページは問答無用で翻訳サイトのお世話になっているのですが、このページを翻訳ソフトにかけてみたところ、タイトルと日付だけが翻訳されました
・・・文字がイメージになっているのでした。

QuickTimeVRについての覚え書き

Digitalboo penguin

IntelMacになるとクラシック環境が使えないらしい。
とんでもない。VRはどうなるのだ、ということで早速Appleのサイトで調べてみる。
おっ。米国のサイトではここにあった。
QuickTime Tools and Utilities
気になるQTVR Toolsですが、驚いたことに “QTVR Make Cubic” はMacOSXに対応してるじゃありませんか。全然知らなかった。
でも明るい兆しもここまで。
“QTVR Make Cubic” 以下はすべてClassic環境またはMacOS起動でしか動きません。
確かに、Panorama より Cube のほうが簡単で上下も表現できる優れものかもしれないですが、敢えて Panorama が 必要なこと もあるんです。近いうちに全てMacOSXに対応するでしょうか・・
それはそうと”QuickTime VR Authoring Studio”もどうなったんでしょう。ずいぶん以前に「アップル製のソフトは後々のサポートもないし知らぬ間に販売終了したりして買って後悔するから欲しいけど我慢することにする」と書いた記憶があります。その通りになっております。
ところで存在を消されてしまいそうな “QTVR Make Panorama” の使い方などの覚え書きを書いておこうというのが本エントリーの目的であります。
ご存じの通り(←いや知らない)私の英語検定は「F-アルファベットが読める(←「えいご漬け 」検定)」でありますが故、参考サイトや翻訳ソフトなしでは何もわからない。参考サイトもいつなくなるとも限らないので、読みかじった事柄を自分用に書いておきたいということが事の発端です。早速検索してみると・・・
QTVRムービーの理論と実践
QTVRデータの作成方法とその注意点
デジカメで作るQuickTimeVRパノラマ画像
QuickTimeVR 3分VRクッキング
How to make a QTVR Movie plus
お手軽QTVR
・・・結構いいサイトがありますね。覚え書きするよりサイトをアーカイブしといたほうが良さそうです。お疲れ様でした。

[後日]

他人のサイトはいつか消えます。こんなことなら自分で覚え書きを作っておくのだったと後悔しても後の祭りでした。

 

iWeb – Template 改変 2・・・は諦めました

Digitalboo penguin

テンプレートでのオブジェクトの位置や大きさを実測に基づいて変更する手順は以前書きました。
あとはフォントサイズさえ指定できれば、とテンプレートソースをじっくり見ていたんですが、やっぱり分からなかった。
サンプルサイト  本日のリンク記事
そもそもiWebでは、ページ毎にフォルダが作られ、その中にそれぞれ個別にCSSファイルが作られます。
フォントサイズなどは全てこのCSSファイルに書かれています。
ページを作成中に変更した数値はCSSには反映しておらず「そもそものCSSでの設定をページ内記述で変更した」にすぎません。無駄以外の何ものでもないです。
調べてみたところ、ページ毎に作られる個別CSSは、名前は違うが内容は同じものでした。
これは悔しいですね。
アーカイブやBlogページと異なり、ページ毎に作られるCSSを後でまとめて変更することは解決にならないし現実的ではありません。
中身が同じCSSがフォルダ毎に個別に生成されるとなれば、生成元はやはりテンプレートソースしかないと思うのですが、もともとこの手の知識に乏しい私には解析不能です。
テンプレート内で、どの項目がCSSに反映されるのか、
これが解る方がおられれば、是非教えを請いたいと思います。
・・・ページ内、エントリー内は、その都度フォントサイズや色を再指定するしかなさそうです。
というわけでiWebとの格闘も最早これまで。
あとは皆さんの健闘を祈ります。

iWeb – ArchiveとBlog のcss改変

Digitalboo penguin

BlogやPodcastでは、リストとアーカイブのページが自動的に作られます。
しかしフォントがデカすぎてみっともない。何とかもうちょっとマシなものにしたいところです。

公開されたフォルダを覗いてみると、簡単な場所にcssファイルが作られていました。
 サンプルサイト ではこのページ に関連しています。

公開されたフォルダを見てみると、iWebフォルダの中にそれぞれのサイトフォルダが、サイトフォルダの中にそれぞれのページフォルダがあります。
ブログ系のフォルダの中にはブログ名を冠したリストページとアーカイブページのフォルダが見つかります。”Archive_files” と ” (blog名)_files” ですね。
この中にcssファイルがありますので、エディタで開いてフォントの大きさやなんかを変えてしまいます。

テンプレート改変と異なり、cssファイルはコンパクトで中身の把握も容易いです。
.Summary_Date_Archive
.Summary_Read_More_Archive
.Summary_Title_Archive
こういった括りになっているので、font-sizeやline-heightなどの数値を変えて保存。

キャッシュの悪さに気をつけてリロードするとちゃんとウェブサイト上で反映されていることが確認できるでしょう。

気になることは、iWebを更新するたびに、せっかく書き替えたcssがデフォルトに戻ってしまうのではないかということです。
これに関してはよくわかりません。戻ってしまうこともあるし、書き替えたものが生きていることもありました。

面倒ですがこれは手動で行うことしか思いつきません。よくわからないからです。
私は公開先のフォルダのエイリアスを使ってポイポイと放り込むような手筈を整えましたが、今のところ更新しても毎回cssが初期化されてしまうことはないみたいで一安心です。

iWeb – Template 改変 1 ページ幅

Digitalboo penguin

ここからはとても素人臭くなると思います。なぜなら私が素人だからです。
それに、デザインの好き嫌いは個人的な問題なので、バグのあるフォントを改変する以外は、特に必要性の高いものではありません。
  *こちらのサンプルページを参照してくださいませ
Appleのデザインしたテンプレートは、各部品はともかく、ページ全体のデザインがどうもいただけません。いくら素人でも変えたいものは変えたいのであります。
まずはiWebのパッケージをどんどん開いていって、index.xml.gz を見つけて解凍、元のファイルは退避させます。
index.xmlをエディタで開いて、ごちゃごちゃのソースを眺めますが、何が何だかよくわかりません。
同時に、iWebを起動し「新規ページ」で該当のページを開きましょう。インスペクタを表示し、色んな数値をソースと比較します。
まず個人的にページ幅が700pxあるのが気に入らないのでこれを変えてみましょう。
ソース”700”で検索すると色々な”700”があります。
size-width=”700″ とか sfa:w=”700″ とか。number=”700″ってのもありますが、結論から言うとそれも含みます。とにかく「検索・置換」で “700” を”550″ にしてみました。
iWebで「新規ページ」を選んで確認します。こうなりました。
ページ幅は550pxになりましたが、部品がずれています。このズレを比較しながらソースを変えていきます。
例えば、はみ出した横棒、インスペクタでは「起点35px 終点665px」になってます。
ソースを”35″ “665” “78”(これはY位置)などで検索してその周りのタグを確認すると、起点とオブジェクトの長さで記されているのがわかりました。
「”35”位置から”630″の長さ」というような記述です。ページ幅550の両端35pxずつ空けるとすれば、”630″ を検索して “480” で置き換えれば丁度よくなる計算になります。
“630” で検索すると、横棒だけではなく、画像やテキストボックスの幅なども同じ数字で揃えられていることに気付きます。
そこで、ソースの “630” をまとめて”480″ に置換しました。
こうなりました。 画像が歪んでしまいましたがまあいいか。
最後にアップルマークの位置を置き換えて取りあえず完成 です。
他のテンプレートでも基本は同じ。
オブジェクトをiWebのインスペクタで確認し、ソースで検索・置換。これで大抵のものは思い通りです。