インポートした WordPress の CSV を FileMaker Pro でリレーション

FileMaker +WP

WordPress のデータテーブルを MySQL から CSV でエクスポートして FileMaker Pro にインポートした前回の記事の続きです。今回は FileMaker Pro のリレーションを組んでみましょうというお話ですがどんでん返しもあります。

“インポートした WordPress の CSV を FileMaker Pro でリレーション” の続きを読む

Affinity が 明るい UI を搭載する日が来るということか

Affinity Designer と Affinity Photo は彗星のごとく登場した Mac 用のグラフィックソフトでした。しかし黒い UI 含めて使い勝手が悪すぎて今では使用を断念しています。明るい UI に明るい兆しがあるのか。フォーラムに最新の写真が報告されていました。

“Affinity が 明るい UI を搭載する日が来るということか” の続きを読む

FileMaker にWordPressデータベーステーブルのCSVインポート

FileMaker +WP

前回の記事(CSVダウンロード)でWordpress のMySQLデータベースからCSVをダウンロードしました。次に、これを FileMaker Pro にインポートします。

“FileMaker にWordPressデータベーステーブルのCSVインポート” の続きを読む

Google maps の音声が元の美しい声に戻っている

以前 「Google mapsの音声、お姉さんの声がロボに置き換わってしまった」 に書いたとおり、Google mapsのナビ音声は下品で汚く間違いだらけの上にしつこくて攻撃的、人をイラつかせ交通安全を脅かす最低最悪のロボ音声に変わってしまっていました。 “Google maps の音声が元の美しい声に戻っている” の続きを読む

Google maps の音声、お姉さんがロボに置き換わってしまった

かつてiOSのApple地図が酷い代物だったおかげで Google Maps がナビとしても進化、ずっとメインで使い続けてきました。地図やナビの出来が良いだけでなく、Google Mapsを使い続けてきた理由はナビの音声がお姉さんの良い声だったということもあります。

【記事の前ですが追記です】声が元に戻りました → Google maps の音声が元の美しい声に戻っている

“Google maps の音声、お姉さんがロボに置き換わってしまった” の続きを読む

Nik Collection が無料に

エフェクト

Google Nik Collectionが無料に!っていうんで、何かわからずにダウンロードしてみたわけです。これは何でしょう。画像の調整プラグインですね。Photoshop、LightroomだけじゃなくApertureでも使えると聞いて黙ってはおれません。

“Nik Collection が無料に” の続きを読む

進まない終わらない iTunes Match のステップ話

iTunes Match が日本でも始まりました。みんな大はしゃぎで登録しまくり、サーバーが悲鳴を上げているのかどうなのか、多くの人が終わらない・進まないセットアップ地獄に嵌まってイライラざわざわしております。

“進まない終わらない iTunes Match のステップ話” の続きを読む

Adobe Creative Cloudオンリーに

Digitalboo penguin

Adobeです。クリエイティブクラウド略してCCなるものを発表しました。
1年前に「今後製品版とクラウド版の両方を提供していきます!」と自信たっぷりに宣言して舌の根も乾かぬうちに「全てクラウドのみ」となったようです。

“Adobe Creative Cloudオンリーに” の続きを読む

ApertureとiPhotoをアップデート

MobileMeへのギャラリー書き出しメニュー

テストを兼ねてApertureとiPhotoをアップデートしました。
iPhotoとApertureのライブラリを統合するには、ます両ソフトを新しいライブラリで開いて更新しておかなければなりません。アップデートして一旦iPhotoとApertureを普通に立ち上げます。これで準備完了です。

“ApertureとiPhotoをアップデート” の続きを読む

inDesignの使い方講座がYouTubeで提供

Digitalboo penguin

inDesign 使い方講座、全8巻9時間分が無料で公開されてます。公開しているのはアテイン株式会社。トレーニング教材なんかを作っている会社です。
アテイン株式会社が過去に販売したDVD教材「誰でもわかるAdobe inDesign 日本語版」がすべて無料で公開。inDesignのバージョンは1ですが、基本的な事柄にバージョンの差違はありませんので問題ありません。
inDesignの初心者向け講座として大変わかりやすいです。誰でもわかります。私にもわかりました。
そもそもinDesignなんていうソフトをプロでもない初心者が使うのかというと、これが使う場合があるんですねえ。
例えば私の場合、以前はPageMakerを使っていたわけでして、このPageMakerがAdobeによって抹殺され、かわりにinDesignへのアップグレードが適応されましたので、仕方なく導入しました。
しかしどう見てもPageMakerより高機能でその分ややこしくとっつきにくいです。そこで、長い間アップグレードだけして放置していました。
そんなわけで「誰でもわかる」みたいなのは大助かり。これは役に立ちました。
Adobe InDesign 使い方講座 全8巻

iWebはそのまま

Digitalboo penguin

iLife 11 が発表されました。
iPhoto、iMovie、Garagebandの三つがアップデートしていて、iWebとiDVDは旧バージョンのまま変更なしとのこと。
iWebで困り果てている人にはがっかりな発表となりました。
なんとも中途半端なiLife11はお値段も4800円と中途半端です。
おっと、iLife11はMac OS X v10.6.3以降専用のソフトですのでご注意を。
最新Mac専用のマイナーアップデートのイメージですね。

Dreamweaver CS5 11.0.2 アップデート

Digitalboo penguin

2010年7月12日付けで、CS5のアップデートがAdobeから配布されています。
気になるDreamweaverですが、テキスト選択、カーソルのズレやインターフェイスのバグ、その他不具合の修正が入ったのでしょうか。
修正を待たずに使用期限が過ぎてDWからさよならしている私には確認できません。Adobeのサイトによると

Dreamweaver CS5 11.0.2 アップデート
2010年7月12日
本アップデートは、Adobe Dreamweaver CS5 のリリース後に発見された問題を解消します。

とのことで、具体的には何も書いていないので、数日待っていろいろ検索して他のユーザーの報告をみてみますと・・・
「期待していたのに、問題は直っていなかった」との報告ツイートを発見。
全く修正されていない模様です。
「リリース後に発見された問題を解消」している筈なんですが、きっと未だに発見されてないか、あるいはリリース前にすでに発見していたんでしょうかね。

DreamWeaver CS5 試用中

DreamWeaver(以降DW)のCS5を試用中。DWを試用するのはこれで何度目になることやら。GoLiveの命が危うくなってから、新しいバージョンが出る度にアクセスの悪いAdobeサイトからデモ版を引っ張ってきては試用し、そのたびに呆れて去っていくということを繰り返しています。

“DreamWeaver CS5 試用中” の続きを読む

Aperture 3.0.3登場

Digitalboo penguin

じゃーん。Apertureまたもやアップデート、3.0.3がリリースされました。

このアップデートにより、Aperure 3 の安定性が全体的に向上し、いくつかの領域の問題が解消されます。修正が行われた主な領域は以下の通りです:
・レタッチ、色収差などの調整の適用
・RAW 微調整プリセットの作成と使用
・自動顔検出機能(“人々”)により検出された人物の顔の表示、追加、および削除
・プリント時の出力プリンタおよび用紙サイズの切り替え
・スマートアルバムの複製
・Aperture ライブラリの修復と再構築
・参照ファイルへの再接続
・“撮影地”機能での GPS トラックに関する処理
・クエリー HUD またはキーワードコントロール内でのキーワードの検索
このアップデートは、すべての Aperture 3 ユーザに推奨されます。

どんどん改善されていっておりますね。

Aperture アップデート 3.0.2

Digitalboo penguin

またまた来ましたアップデート。

このアップデートにより、全体的な安定性が向上し、いくつかの領域の問題が解消されます。対応した主な領域を以下に示します:
Aperture 1.x および 2.x ライブラリのアップグレード
iPhoto または以前のバージョンの Aperture からのライブラリの読み込み
階層化された写真フォルダのライブラリへの読み込み
“人々”での名前の追加および一致の確認
“人々”のコルクボード上のスナップショットの並べ替え
プリントプリセットの作成と保存
メタデータプリセットの複製
カーブ、傾き補正、レタッチを使用した調整
ビューア内でのスクロールを使った写真の操作
XMP サイドカーファイルからのレート、カラーラベル、および GPS データの読み込み
IPTC メタデータの互換性
Aperture のゴミ箱を空にしたときの写真の削除
バージョンおよびライブラリの書き出し
このアップデートは、すべての Aperture 3 ユーザに推奨されます。
このアップデートの詳細情報については、次の Web サイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/TS2518?viewlocale=ja_JP

ライブラリのアップデートに関する修正が入ってるってことは、今までのライブラリアップデートに何かしら問題があったんですねえ。
やはりこういうソフトは2つ3つアップデートが来るまで本気の使用は待ったほうが無難ですよね。
撮影地についての修正がGPS絡みだけですが、正直「人々」も「撮影地」もいまいちの使い心地です。どちらの機能も使うことがないので気にしてませんが、インターフェイスを含めて、まだまだ改良の余地を多く残しているように感じます。
ついでに、iMovie 8.0.6 アップデートも来てまして、こちらは

このアップデートによって、Aperture からのビデオを操作するときの信頼性が向上します。
このアップデートは iMovie ’09 のすべてのユーザに推奨されます。

こういうことらしいです。なんにせよ、Apertureのアップデートですね。
今後もじゃんじゃんアップデートしてほしいところです。

iPhotoブラウザからApertureに”参照”して読み込む

Digitalboo penguin

前回、前々回とぐだぐだと書いてきましたが、それらが馬鹿らしくなる脱力の解決策を教えていただきました。
iPhotoブラウザからApertureにドラッグすると写真のコピーが読み込まれてしまうんですが、このとき「コマンド+オプション」押しっぱなしにして行うと、なんと「参照」で読み込まれます。
そんなことヘルプ見てもどこにも載っていない。こんな隠し機能って酷い。でも出来るのは素晴らしい。
iPhotoブラウザに限らず、Finderからドラッグするファイルにも有効です。とにかく「コマンド+オプション」で参照読み込みです。
Aperture 2 から大きく機能ダウンした「iPhotoからの読み込み」問題はこれにて解決、プロジェクト的に2ほどスマートに読み込めませんが問題ないレベルです。
個人的にiPhotoブラウザが崩壊してまともに表示されない状況は相変わらずですが、本物のiPhotoを起動しておいて直接コマンド+オプションドラッグすればいいので大きな問題はありません。
これにて、安心してAperture 3 にアップグレードできるというものです。
皆様にもお勧め。