全てのアプリケーションを許可

全てのアプリケーションを許可するターミナルコマンド。sudo spctl –master-disable

セキュリティのためと言いながら、AppStoreで囲い込みたいだけのAppleの思惑、このせいでアプリケーションを自由にインストール、あるいは自由に制作することが阻害されております。

おかげでかつて数多あった優れたアイデアのアプリケーション、小気味の良いユーティリティ、カスタマイズを手助けするプログラム、そういったものがどんどん消えていきました。

すべてのアプリケーションを許可するオプションはmacOSのいつのころからか見えない選択肢にされましたが、これを見えるようにするコマンドがあるそうです。

sudo spctl --master-disable

賢人たちがネットに情報を上げていて、それを見つけてはメモしてます。賢人たちに感謝と尊敬を込めて。