iPhotoの写真をApertureが読めない事例

またもやiPhotoのイメージがApertureで読めないという問題についてです。

今回は純粋にApertureの仕様上の問題です。次点ではミノルタA1の問題とも言えます。
写真を撮り、いつものようにiPhotoに取り込みました。
sequence.jpg
その後、ApertureでiPhotoライブラリを選択して読み込もうとしますが・・・
errordialog.gif
またもや認識できない問題です。
そりゃ確かにこれをシーケンスとして読み込んでムービーにしようとはしていますよ。でもまだしていない。未来がわかるでしょうか。
「0個のファイル」とか「未対応のファイルフォーマット」とか、Apertureは文句が多すぎです。
すでにお気づきの方もおられますと思いますが、答えは拡張子です。
iPhotoの画面をよく見たら、拡張子が「JPE」となっています。なにこれ。
多分これは「JPEG」であったものが、読み込んだときに「JPE」で切られたのでしょう。
これを切ったのがミノルタA1なのか、iPhotoなのか、何かシステム的なものなのかはわかりませんが、以前なら「.」のあとにどんな文字列が来ようが自由だったのに、いつのまにかMacでも「拡張子・命」仕様に変わっているのでしょうか。
さて「JPE」拡張子のファイルは、システム上では問題なく「Jpeg画像」として認識されています。そもそもiPhotoではちゃんと読み込めてます。
ファイルを書き出し、リネームで「JPG」拡張子を付け直したところ、Apertureで読み込めました。当たり前ですが。
一旦iPhotoに読み込んだ「JPE」ファイルは、iPhoto上で拡張子を変えることは最早できません。書きだしてApertureで再度読み込むしかなさそうです。
オリジナルファイルが二つになってしまいます。
仕方ないので、すべての写真をFinder上に複製して全部をリネームし、Apertureで読み込みました。何のためのiPhotoとApertureの二重管理なのか空しくなります。
さてさて、ここでふと気づく私。
過去の写真で、こういう事例はないのだろうか。
以前ApertureでiPhotoライブラリをまとめて読み込んだ時において、取りこぼしている写真が沢山あるのでは?
2万点くらい一度に読み込んだので、いちいち確認なんかしていません。
iPhotoの検索でさっそく「JPE」を検索。
・・・・・出ました出ました。JPEファイル。これはやはりミノルタ側の不手際なのでしょうかねえ。
ApertureでiPhotoライブラリを確認したら、予想通りPJEファイルは一つも認識していませんでした。
あちゃあ。
そういえば「ムービーファイルが混在したイベント(フィルムロール)を認識しない」という問題もありましたね。
これもどうなのでしょう。
・・・・・ほぼ認識していましたが、認識していないものもありました。
あちゃあ。
ええと。
何か結論めいたことを言いたいのですがどうしましょう。
「Apertureは認識の条件が厳しすぎる」
これでどうですか?

コメントを残す