社長が訊くWiiプロジェクト第4回

Digitalboo penguin

4回目、Miiについての記事が26日に更新されてました。
社長が訊く Wiiプロジェクト
Miiについては、ゲーム内に登場できたり物理的に持ち運びできたりソーシャルネットワーク的なものに利用できたりと、大きな可能性が感じられます。特にWiiConnect24との組み合わせには未知数の広がりがありそうで、上手く使うとこれまでなかったような遊びが登場するかもしれません。
「社長が訊く」の目次は現時点で以下のようになっています(2006.10.13時点)


vol.1 Wiiハード編
第1回 「最先端の技術を、これまでにない使い方で」
第2回 「誰からも嫌われないデザイン」
第3回 「明確な目標があったからこそ、Wiiはできた」
vol.2 Wiiリモコン編
第1回 「両手で持つことすら、リセットしてもいい」
第2回 「誰でもが平等に触れるということが前提」
第3回 「新しいスタンダードになっていく」
vol.3 Wiiチャンネル編
第1回 「家族全員に触ってもらうこと」
第2回 「ゲーム機とユーザーの関係を変える」
第3回 「Wiiは家族のパブリックスペースなんです」
第4回 「世界中のMiiが交流するという野望を持っています」
第5回 「テレビでデジカメの写真を見る行為自体が新鮮」
第6回 「お互いがお互いに影響を与え合っている感じ」
番外編
vol.4 『Wii Sports』編
第1回 「このパッケージングは、ある種の発明だと思う」
第2回 「あれをリアルにしようという人いましたっけ?」

コメントを残す