iPhone3GにとってのiOS4.0

Digitalboo penguin

3.1.3に復元する記事を書いた直後ですが、これも個人的なメモとして、iOS3と4について書いておきましょう。

ご存じのようにiOSは一応3Gや3SGにもインストールは可能ですが、基本的には最新のiPhone4またはその次の型番用に準備されたOSで、特に3Gに関しては本来なら対応対象外であってしかるべきものです。その証拠に数々の新機能のうち、3Gで利用できる機能はわずかにすぎません。
3GがiOS4で受ける恩恵
しばらく使ってみて、4にして恩恵を受けるのは
1 APNの機能が標準で付いた
2 日本語変換がちょっと賢くなった
3 フォルダが使える
これくらいです。あと細かいことはありますが恩恵と言えるほどでもありません。
この恩恵に対して、受けるダメージは以下の通りです。
1 遅い
2 重い
3 動かない
4 落ちる
箇条書きにしても仕方ないんですが、要するに本体性能がOSの機能についていけないんですね。携帯機器で遅いストレスは耐えられません。
ただ遅いだけじゃなく、MacOSXと同様、かつては自社で提唱したインターフェイスガイドラインの最も重要な点が廃されていることが致命的なんです。
即ち、操作に対するフィードバックがない点です。
昔Appleがユーザーインターフェイスに関してプロフェッショナルであったとき、このフィードバックの重要性を一番に説いていました。「処理が遅いのは仕方がない、だが処理を開始したというフィードバックは瞬時に返さなければならない」です。
いいこと言うじゃありませんか。
iPhoneもMacOSXも、クリックあるいはタップを行ったとき、瞬時に「今クリック(タップ)を受けつけました!」というフィードバックがないまま、無為に時間が過ぎていくのです。
そのため、今の操作が有効なのか無効なのかわからず、同じ操作をつい繰り返します。数秒後、それらの操作がどどどっと実行されて無茶苦茶になります。
これは非常に悪い特徴ですね、タイプ時にも同様のことが起こり、無茶苦茶になります。
アプリの起動/終了やページ送りでも同様なことが起こり、数分後やはり無茶苦茶になります。先日など気がついたら得意先に勝手に電話をかけていて焦りました。どこでどういうタップだと思ったんだろう。
そういうわけで、iPhone3Gにとっては4の恩恵とダメージを比較すると、明らかにダメージが大きいのでこれは例えば「4.0.1で速度が劇的に上がり3と同様にまでなった」とか、そういうことが起こらない限り古い機種らしく古いOSを使うのが賢いのです。ボンダイiMacにはMacOS8.6かせいぜい9が限度なのと同じです。
2から3に上がったときの恩恵で十分幸せなのです。
iOS4が使いたければ、iPhoneを4にすればいいのです。私はしませんが。

コメントを残す