PSE 文化殺し

Digitalboo penguin

知れば知るほど愚かな法律、これはもう無理。出鱈目すぎます。
中古電気機器が麻薬と同じ扱いです。
周知もせず、ただ単に天下りの確保だけを目指した気の触れた法律、こんなのは法律とは言わない。
検査法人に天下り
経済産業委員会・審議
周知してこなかったことによる凍結は当然としても、そもそもこの法律はあまりにも出来が悪すぎてお話になりません。
法案を作る連中の馬鹿さが露呈する形になっております。尤も、他の法律も似たり寄ったりで愚法は今に始まったことではありません。人殺しに荷担すらするくらいですから、文化を殺すぐらいは何でもないと思っているのでしょう。
委員会の審議、この間の抜けた答弁を見ると寒気すらしてきます。お前は小泉か、というほどののたくった答弁です。どうも今の政府には優秀な広告屋が付いているらしく、B層国民を洗脳する技にだけは長けています。これほど国民を愚弄するとはいい度胸ですが実際の国民が従順な下僕である限り勢いは止まらないでしょう。

PSE法

Digitalboo penguin

日本が再びファシズムに毒され始めてから大分経つわけですが、皆が全然知らなかった糞のような法律が注目を集めています。電気用品安全法です。
近年の悪法三昧のため、すでに食傷気味で無力感に苛まれている人が多数とは思いますが、またひとつ悪法の歴史に名を残しました。
「電気用品安全」などと詐欺師のような名前を付けたこの悪法、すでに各方面に被害が広がっている模様で。
坂本龍一氏、高中正義氏、松武秀樹氏、椎名和夫氏が署名サイトを立ち上げていますので、是非署名していただきたいと思います。
署名サイト

PSE法についてはこちら 。
音楽関連だけでなく、ちょっと想像するだけで文化の破壊、環境問題の否定、中小事業者殺しに繋がりかねないトンデモ法であることがわかります。上澄みをすすって荒稼ぎする天下り団体を確保するためには日本などどうなっても言いということでしょう。
BSEの鋭い記事が豊富なSayama’s Weblog で紹介されてたんですが、BSEとかPSEとかPSPとかPTAとかもうわけがわかりませんですね。
音楽家・坂本龍一さんらが電気用品安全法(PSE法)に対する反対ネット署名開始 (Sayama’s Weblog)

iWeb 1.0.1 テンプレートで明朝体

Digitalboo penguin

結果が出ましたのでご報告。
・水彩
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・旅行
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・ベイビー
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・キッズ
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる
・ナイトライフ
 テンプレートは画像。日本語も画像となる
・フリースタイル
 テンプレートはセリフ。日本語はテキスト、ゴシックとなる(またはブラウザの標準?)
・ロードトリップ
 テンプレートはクーリエ系。日本語はテキストのゴシックとなる
。フォーマル
 テンプレートはセリフ。日本語はテキストの明朝体となる

iWeb 1.0.1 アップデートで明朝体OKに

Digitalboo penguin

ップデート後、謎のトラブルに見舞われて数時間を無駄にしましたがその話はまた今度。
それより、今回のアップデートにより日本語明朝体がテキストのまま書き出されることがわかりました。
このページです。
テンプレートはFormal。
実は編集中はゴシックなのですが、フォントの指定を変えずに公開すればちゃんと明朝体になっています。
ふと気付いたので、この件の詳細については何も分かりませんし、他のテンプレートで試してはいませんが、明朝体の日本語を使いたい人には朗報ですね。
——————–
その後、サンプルページを使って色んなテンプレートで日本語を入れてみました。結果は如何に。
このページ からリンクしてる各テンプレートのBlogにて。

ソフトウェアアップデート2006.2.16

Digitalboo penguin

ソフトウェアアップデートにより以下のソフトがアップデートできます。
iDVD 6.0.1
iPhoto 6.0.1
iMovie 6.0.1
iWeb 1.0.1
iTunes 6.0.3

iDVD

iDVD 6 に対するこのアップデートは、ほかの iLife アプリケーションとの連携、古いバージョンのプロジェクトの読み込み、およびテーマ関連の問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iPhoto

iPhoto に対するこのアップデートは、Photocast、大規模なライブラリでのサムネール表示、およびカード、カレンダー、ブックの注文に関する問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iMovie HD

iMovie HD 6 に対するこのアップデートは、Ken Burns のレンダリングパフォーマンス、移動バーのパフォーマンス、およびテーマイメージの品質の問題を解決します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iWeb

iWeb 1.0 に対するこのアップデートは、公開と Blog に関する問題を改善します。また、その他の小さな問題にも対処しています。

iTunes

iTunes 6では、iTunes Music Store にある 2,000 以上のミュージックビデオと人気テレビ番組を視聴、購入、およびダウンロードできます。購入した曲やビデオは、iPod と同期して持ち歩くことができます。購入したビデオを再生するには、QuickTime 7.0.3 以降と Mac OS X 10.3.9 以降が必要です。

iTunes 6.0.3では、iTunes 6.0.2に対して、安定性とパフォーマンスが改善されています。

注意:iTunes 6以降を使って iTunes Music Store から音楽を購入した場合、購入した音楽を、お使いのほかのコンピュータでも楽しむためには、それらも最新版の「iTunes」にアップグレードする必要があります。

ということのようですが、さてiWebの「小さな問題にも対処」って何のことでしょうか。

GoLive ソフトウェアアップデート効果なし?

Digitalboo penguin

MacOSX10.4.5 がソフトウェアアップデートから実行できます。
主にIntelMac向けのアップデートと細かいバグフィックスらしいです。
もちろんiWebの不具合など、大きな修正点はないです。
それよりも細かいバグフィックスで気になるのは、
そう、世紀の落ちソフト、Adobe GoLive の落ち具合です。
早速アップデートして再起動して、いつものようにGoLiveで作業を始めました。
この一時間の作業で3度落ちました。
・・・酷いときは5分に一度落ちてたので、これは改善と見るべきか改善なしと見るべきか。まぁ改善はないのでしょうきっと。
10.4とGoLiveの組み合わせ、史上最悪の不具合コンビですが、Xが悪いのかGoLiveが悪いのか、それは私には分かりません。一つ言えることは、例え落ちやすくなった10.4といえども、GoLiveほど落ちるソフトは他に例がないという事実だけです。
これほど落ちるのは、そう、漢字Talk7.5.2でシステム変更ユーティリティを沢山インストールした上でPremiereとPainterとNow Up To Dateと正体不明の変なゲームを同時に立ち上げていた頃以来、いやそれ以上の頻度かもしれません。
・・・ちょっと大袈裟でしたか

iWeb その他

Digitalboo penguin

他のテンプレートの例とAutometerの覚え書き
他のテンプレートの例をサンプルサイト に。
テキストが画像になるテンプレートは”ナイトライフ” のようです。
これを使用したいときは、テンプレートソースを開いて、フォントを変えればいいということですね。
明朝体のテンプレートソースでヒラギノ明朝を指定しても、やはり画像になってしまうのは避けられないこともさらにはっきりしました。もうこれは仕様かバグかバグ仕様か、どうにもならないです。
先の話題ですが、自動に作られるアーカイブなどのリストのCSSを変えてしまおうっていうやつ、やはり公開する度に手動で.MacのフォルダにCSSをコピーするのはとてもとても面倒な作業なのでAutometerで自動化することにしました。その例はこちら
簡単なことですが、この簡単なこともなかなか出来ないものですね。Autometer、初めて使いました。

iWeb コメントが付くのでしょうか

Digitalboo penguin

iWebにコメントを付けるiCommentというソフトがあるらしいです。iComment

英語のページは問答無用で翻訳サイトのお世話になっているのですが、このページを翻訳ソフトにかけてみたところ、タイトルと日付だけが翻訳されました
・・・文字がイメージになっているのでした。

QuickTimeVRについての覚え書き

Digitalboo penguin

IntelMacになるとクラシック環境が使えないらしい。
とんでもない。VRはどうなるのだ、ということで早速Appleのサイトで調べてみる。
おっ。米国のサイトではここにあった。
QuickTime Tools and Utilities
気になるQTVR Toolsですが、驚いたことに “QTVR Make Cubic” はMacOSXに対応してるじゃありませんか。全然知らなかった。
でも明るい兆しもここまで。
“QTVR Make Cubic” 以下はすべてClassic環境またはMacOS起動でしか動きません。
確かに、Panorama より Cube のほうが簡単で上下も表現できる優れものかもしれないですが、敢えて Panorama が 必要なこと もあるんです。近いうちに全てMacOSXに対応するでしょうか・・
それはそうと”QuickTime VR Authoring Studio”もどうなったんでしょう。ずいぶん以前に「アップル製のソフトは後々のサポートもないし知らぬ間に販売終了したりして買って後悔するから欲しいけど我慢することにする」と書いた記憶があります。その通りになっております。
ところで存在を消されてしまいそうな “QTVR Make Panorama” の使い方などの覚え書きを書いておこうというのが本エントリーの目的であります。
ご存じの通り(←いや知らない)私の英語検定は「F-アルファベットが読める(←「えいご漬け 」検定)」でありますが故、参考サイトや翻訳ソフトなしでは何もわからない。参考サイトもいつなくなるとも限らないので、読みかじった事柄を自分用に書いておきたいということが事の発端です。早速検索してみると・・・
QTVRムービーの理論と実践
QTVRデータの作成方法とその注意点
デジカメで作るQuickTimeVRパノラマ画像
QuickTimeVR 3分VRクッキング
How to make a QTVR Movie plus
お手軽QTVR
・・・結構いいサイトがありますね。覚え書きするよりサイトをアーカイブしといたほうが良さそうです。お疲れ様でした。

iWeb – Template 改変 2・・・は諦めました

Digitalboo penguin

テンプレートでのオブジェクトの位置や大きさを実測に基づいて変更する手順は以前書きました。
あとはフォントサイズさえ指定できれば、とテンプレートソースをじっくり見ていたんですが、やっぱり分からなかった。
サンプルサイト  本日のリンク記事
そもそもiWebでは、ページ毎にフォルダが作られ、その中にそれぞれ個別にCSSファイルが作られます。
フォントサイズなどは全てこのCSSファイルに書かれています。
ページを作成中に変更した数値はCSSには反映しておらず「そもそものCSSでの設定をページ内記述で変更した」にすぎません。無駄以外の何ものでもないです。
調べてみたところ、ページ毎に作られる個別CSSは、名前は違うが内容は同じものでした。
これは悔しいですね。
アーカイブやBlogページと異なり、ページ毎に作られるCSSを後でまとめて変更することは解決にならないし現実的ではありません。
中身が同じCSSがフォルダ毎に個別に生成されるとなれば、生成元はやはりテンプレートソースしかないと思うのですが、もともとこの手の知識に乏しい私には解析不能です。
テンプレート内で、どの項目がCSSに反映されるのか、
これが解る方がおられれば、是非教えを請いたいと思います。
・・・ページ内、エントリー内は、その都度フォントサイズや色を再指定するしかなさそうです。
というわけでiWebとの格闘も最早これまで。
あとは皆さんの健闘を祈ります。

iWeb – ArchiveとBlog のcss改変

Digitalboo penguin

BlogやPodcastでは、リストとアーカイブのページが自動的に作られます。
しかしフォントがデカすぎてみっともない。何とかもうちょっとマシなものにしたいところです。

公開されたフォルダを覗いてみると、簡単な場所にcssファイルが作られていました。
 サンプルサイト ではこのページ に関連しています。

公開されたフォルダを見てみると、iWebフォルダの中にそれぞれのサイトフォルダが、サイトフォルダの中にそれぞれのページフォルダがあります。
ブログ系のフォルダの中にはブログ名を冠したリストページとアーカイブページのフォルダが見つかります。”Archive_files” と ” (blog名)_files” ですね。
この中にcssファイルがありますので、エディタで開いてフォントの大きさやなんかを変えてしまいます。

テンプレート改変と異なり、cssファイルはコンパクトで中身の把握も容易いです。
.Summary_Date_Archive
.Summary_Read_More_Archive
.Summary_Title_Archive
こういった括りになっているので、font-sizeやline-heightなどの数値を変えて保存。

キャッシュの悪さに気をつけてリロードするとちゃんとウェブサイト上で反映されていることが確認できるでしょう。

気になることは、iWebを更新するたびに、せっかく書き替えたcssがデフォルトに戻ってしまうのではないかということです。
これに関してはよくわかりません。戻ってしまうこともあるし、書き替えたものが生きていることもありました。

面倒ですがこれは手動で行うことしか思いつきません。よくわからないからです。
私は公開先のフォルダのエイリアスを使ってポイポイと放り込むような手筈を整えましたが、今のところ更新しても毎回cssが初期化されてしまうことはないみたいで一安心です。

iWeb – Template 改変 1 ページ幅

Digitalboo penguin

ここからはとても素人臭くなると思います。なぜなら私が素人だからです。
それに、デザインの好き嫌いは個人的な問題なので、バグのあるフォントを改変する以外は、特に必要性の高いものではありません。
  *こちらのサンプルページを参照してくださいませ
Appleのデザインしたテンプレートは、各部品はともかく、ページ全体のデザインがどうもいただけません。いくら素人でも変えたいものは変えたいのであります。
まずはiWebのパッケージをどんどん開いていって、index.xml.gz を見つけて解凍、元のファイルは退避させます。
index.xmlをエディタで開いて、ごちゃごちゃのソースを眺めますが、何が何だかよくわかりません。
同時に、iWebを起動し「新規ページ」で該当のページを開きましょう。インスペクタを表示し、色んな数値をソースと比較します。
まず個人的にページ幅が700pxあるのが気に入らないのでこれを変えてみましょう。
ソース”700”で検索すると色々な”700”があります。
size-width=”700″ とか sfa:w=”700″ とか。number=”700″ってのもありますが、結論から言うとそれも含みます。とにかく「検索・置換」で “700” を”550″ にしてみました。
iWebで「新規ページ」を選んで確認します。こうなりました。
ページ幅は550pxになりましたが、部品がずれています。このズレを比較しながらソースを変えていきます。
例えば、はみ出した横棒、インスペクタでは「起点35px 終点665px」になってます。
ソースを”35″ “665” “78”(これはY位置)などで検索してその周りのタグを確認すると、起点とオブジェクトの長さで記されているのがわかりました。
「”35”位置から”630″の長さ」というような記述です。ページ幅550の両端35pxずつ空けるとすれば、”630″ を検索して “480” で置き換えれば丁度よくなる計算になります。
“630” で検索すると、横棒だけではなく、画像やテキストボックスの幅なども同じ数字で揃えられていることに気付きます。
そこで、ソースの “630” をまとめて”480″ に置換しました。
こうなりました。 画像が歪んでしまいましたがまあいいか。
最後にアップルマークの位置を置き換えて取りあえず完成 です。
他のテンプレートでも基本は同じ。
オブジェクトをiWebのインスペクタで確認し、ソースで検索・置換。これで大抵のものは思い通りです。

iWebは使用できるのか 5 克服

Digitalboo penguin

テンプレートを眺めていてわかりましたよ。
・英文でもテンプレートによってテキストがイメージになってしまう場合がある
この謎が解けました。
ちょっと話題が前後するけど、これは進展です。
詳しくはサンプルページ でどうぞ。
BlogからBlog 2への流れでお読みください。
.
.
.
ようするに画像化する筈のない Arial が、何らかの不具合で画像になってしまってたわけです。
テキストエディタの検索・置換などを用いて、Arialを殺し、テキストのままで出力されるフォントに変えてあげれば解決、とそういうことですね。
これにより、テンプレートによって挙動に一貫性がない謎が解けました。
では
サンプルblog2のこのページ の後半の実験について解説します。
1 どこにも半角スペースを入れない場合、1字でも行を折り返すと、テキストが画像になる。
2 一つの半角スペースのおかげで、多少の折り返しがあってもテキストはテキストのまま。
3 沢山の半角スペースで「分かち書き」。これは安全。
4 2と同じ場所に半角スペースがあっても、折り返しすぎたらテキストは画像になりました。
5 2、4と同じ場所に半角スペース、折り返した文章が短いとテキストのまま出力された。ハテナハテナ。
6 そこでふと、こういう実験。折り返した後のテキストの終わりが、前の行の半角スペース位置より後ろ。画像になった。
7 そこでふと、こういう実験。折り返した後のテキストの終わりが、前の行の半角スペース位置と等しい。テキストのまま。
8 こうなると、8は余裕です。
応用問題。
 行の前のほうや後ろのほう、色んな位置に半角スペースを入れてみている。折り返しても、前行のスペースの位置より手前で止めるかぎりそのテキストはテキストのままです。
 最後の「あ・い」はさらに応用問題。
 1行目のスペース位置の手前で「あ」の折り返し終了。ここでスペース。「い」がスタート。「い」にもスペースを入れる。
 折り返した「い」はあくまで「い」のスペースからスタートしているので、前行「い」のスペース位置を越えなければテキストになる。
まとめるとこうです。
 行をまたがるとき、前回のスペース位置を折り返して越えてはならない。
これでテキストはテキストのまま出力されます。
ここまでの調べで判ったことと併せるとこうなります。
1 テンプレート
 テンプレートによって英文でさえ画像になるものがある。
 そのテンプレートを使わないか、またはテンプレートを開いてフォント(Arial)を変更する。
2 フォント
 ゴシック系以外は画像化する。装飾を施したり、画像化するフォントとの混在も画像化する。
3 文章
 テキストボックスで折り返しがあると画像化する。
 折り返しがあるときは、半角スペースを挿入する。
  その時、前回のスペース位置を折り返して越えないように次のスペースを挿入する。
4 画像化してしまったテキストボックスはコピペで修正しない。破棄する。
 (1~3を守れば、想定外の画像化は起こりませんのでこの項目は厳密には不必要になります)
すっきりしましたね。

iWebは使用できるのか 4 テンプレートを開いて

Digitalboo penguin

テンプレートは、アプリケーションパッケージの中にあります。
iWebアプリケーションアイコンを選択してコントロールクリック「パッケージの内容を表示」を選ぶと、ファイルのフリをしていたパッケージフォルダが開きます。
Contents > Resources > Japanese.lproj と開いていくと、 Templates フォルダに 行き着きます。
Templates フォルダには、見慣れたテンプレート名が並んでいます。
この一つずつがまたパッケージになっていますので開きましょう。
index.xml.gz というファイルがありますので ダブルクリックして 解凍。
index.xml が現れました。こいつが犯人です。
こいつを編集して保存し、自分独自のテンプレートを作ってしまいましょう。
テキストエディタで開けます。
私はGoLiveで開いてみました。アウトラインエディタが見栄えよく、ソースの検索・置換機能も優れています。までもエディタでもOKですね。
その前にindex.xml.gz はどこかに退避させておきましょう。バックアップです。
index.xml.gz をどけてしまうと、index.xmlがテンプレートとして生きてきますので、gzという形式にしなくてもよくなります。
一石二鳥ですね。

iWeb 番外編 – Podcast

Digitalboo penguin

荻窪さんのサイト に触発されてこんなん作ってみた。
B-Musica 。ビデオキャストです。BaBaMoo を登録してみました。
こんなことしてたらあっという間に.Macの容量食いつぶしそう。
Podcastの設定はなんだかややこしくてよくわかりませんでしたが、一応「登録」ボタンをクリックするとあなたのiTunesに登録される筈です。
iTMSにも登録できるらしいですが、一度やってみたら様子が変で、その後サイトの名前変えて逃亡しました。
そろそろBaBaMooも無償提供したい頃なので、もしかしたら全曲アップされるかもしれません。
でもフルサイズのDVDがいいですね。ビデオは。

iWebは使用できるか 3 テキスト画像化のまとめ

Digitalboo penguin

テンプレートについて書く前に、テキスト画像化について現時点でわかってきたことをまとめておかなければなりますまい。
 ※iWebシリーズはサンプルサイト と連携しています。併せてご覧ください。
1 テンプレート
WhiteやBlackは画像になりやすい。
アーカイブやブログリストページは特に「ほぼ間違いなく画像化」します。
エントリーページで、以下に示す「テキストのままになりやすい」方法で作成しても尚、画像になってしまうことがあります。
Modernは上手に使えばアーカイブやブログリストページもテキストのままになりやすいです。
条件は「エントリーページ内のアーカイブに使用されるオブジェクトに画像化されたテキストがあってはならない」です。
2 フォント
フォントは角ゴシックやOsakaなど、ゴシック系のものを選ぶのが基本です。
明朝系は画像になります。
下線や影などの装飾、異フォントの混在などを行うと画像化します。
3 文章
基本は「テキストボックス内で折り返さない」ことです。無茶ですがこれが基本です。
もう一つは「単語間に半角スペースを挿入して分かち書きにする」ことです。
沢山のスペースを挿入することで、ほんの少しの折り返しならそのままテキストになることもあります。
ただし、1のテンプレートとも密接で、ほんの一文字の折り返しがBlackテンプレートでは画像に、Modernテンプレートではテキストのままになったりします。
「テキストボックスで折り返さない」ですが、ブログリストページとエントリーページでの整合性を取るのが難しくなります。ここでも、画像化しやすいテンプレートとそうでないテンプレートでは挙動が変わってきます。WhiteとBlackでは油断するとすぐに画像になりました。
「折り返ししない」と「頻繁な半角スペース」を併用するのが望ましいでしょう。・・・さらに無茶ですが。
4 コピーペーストの危機
無茶な条件下で気を遣っていても、公開したら意図せず画像になってしまった。。。という状況に陥ることもあります。
そんなときはiWebに戻って作業をやり直しますが、画像になってしまった(画像になる筈がない)テキスト、これを再利用できません。
テキストボックスごと違うページにコピーペーストして再編集しても、テキストボックスの内容をコピーペーストして安全であろう編集をしても、どういうわけか一旦画像化を経験したテキストはどこにどう持って行ってもほぼ画像になってしまいます。
これを呪いと言わずに何と言おうか。
解決方法はありません。画像化しにくいテンプレート上で、デフォルトのあるいは新たなテキストボックスに手入力で同じテキストを作成するしかなくなるのです。
あるいは、一旦他のエディタを介するのもいいかもしれません。
なんせ呪いに対抗するのですからもはや理屈じゃありません。
以上が現時点でのまとめになります。
頭いたいですね。

iWebは使用できるか 2

Digitalboo penguin

致命的な欠陥を抱えつつも、iWebは魅力を秘めている。
面倒な画像の変換を考えずにページが作れること、iPhotoとの連携による写真ページの簡単作成、Podcastの対応など。
どうにかしてこのソフトを使うことは可能だろうか。

“iWebは使用できるか 2” の続きを読む

iWebは使用できるか 番外編

Digitalboo penguin

人には誰も欠点がある。目的外の使用法をけなしてもだめです。
iWebは非常に転送が遅いです。
iBlogより、GoLiveのco-Autherより、なにより遅い。だから、これはブログのような頻繁な更新をしてをしてはいけないソフトであります。
ブログ風の、時々更新する重くて可愛いサイト、それがiWebの目指すサイトです。一般のブログと比べてはいけません。
そう思うと気が楽になるでしょ?それでいいのです。
iWebが最も威力を発揮するのはiPhotoとの連携による写真サイト、podcast、それにムービーや画像の低頻度更新サイトになります。
実際に私もババネンズをiWebで作り直そう と思って挑戦してみました。
・・・結果、ムービーコントロールができないのと、使い回すオブジェクトがページ毎に1個ずつ全てアップロードされるのを見て驚いて断念しました。結局GoLiveで作り直しました が、画像を一々変換するのがやはり面倒ですよねえ。iWebには、画像を簡単に変換してくれる優れた機能があるので、いつか相応しい目的を思いつけば何か作ってみたいと思っています。

iWebは使用できるか

Digitalboo penguin

鳴り物入りで登場したiLife06に含まれるiWeb。テンプレートに放り込むだけのかんたん仕様、しかしこれがとんでもない代物でした。
ここでは、その問題点を指摘したいと思います。
サンプルページ をご覧ください。
このように、文字が画像になります。テンプレートやフォントの選び方によってはテキストになるようですが基本的には画像です。
言うまでもなく、テキストを画像にすることは
1 ページが重い
2 選択できない
3 検索できない
4 引用、流用ができない
5 文字サイズを変更できない
など数々のデメリットがあります。
ではメリットはあるでしょうか。文字を画像にするとレイアウトが保持できるのがメリットでしょうか?
まず、画像ファイルにレイアウトも糞もありません。これはただの画像ですので、クリッカブル指定できる画像編集ソフトを使えばもっとへんてこりんなデザインも思うままです。一昔前、最も嫌がられ馬鹿にされたデザイン技法といえるでしょう。
もうひとつ、で、これはレイアウトを保持する価値があるデザインなのか。
ご覧の通り、フォントサイズや文字間隔など、とても格好悪いです。これは日本語フォントと欧文の違いによって発生する問題で、日本語フォントとの相性はすこぶる悪い。日本語フォントを使用する前提で作られていないということがはっきりわかります。
もちろん、各ページ内のフォントやサイズは作成時に変更することが出来ます。
サンプル2 のように、文字を小さくすることができます。
しかし、ブログテンプレートにおいてはそれもできません。
ブログページアーカイブページ のこのフォントは変更できません。
かろうじてエントリー内は変更できますが、しかしここでまた問題発生です。
エントリー内で変更したものは新しいエントリーで変更が受け継がれません。
文字サイズくらいならともかく、例えば画像の大きさや「次へ」などの位置を変更しても新規エントリーで全て無効になります。冗談抜きで「一切合切全て」テンプレートから外れることが出来ない仕組みになっています。
テンプレートを使用する同じ思想のソフトにKeynote、Pages、iDVDなどがありますが、いずれも多少の変更ができるようになっています。iWebのお仕着せはいくらなんでもあんまりな気がします。

Strata 3D CX

Digitalboo penguin

Vision、Studio Pro、Strata 3Dと名を変えながら生き延びている老舗3DソフトのStrata 3D CXです。
このたび、久しぶりに最新バージョンへのアップグレードを果たしました。
Strata Studio Pro 2.0以降からのバージョンアップは169$、送料と税金を加えても240$ほどです。
日本語版はStudio Proからのアップグレードが93450円なのでユーザーなら迷わず米国版を選ぶことになります。169ドルが何で93450円になるのか意味わかりません。
CXの実力は如何に。
答えは、Studio Pro2.5以降からあまり変わっていません。
といっては元も子もないのでポリゴン編集が出来るようになったのを一つ挙げておきます。簡単な編集なら容易くできます。
機能的なことよりも、使い勝手の向上がめざましいです。
例えば、要望が多かったであろう「スペース手のひら」の挙動が今までと逆になりました。つまりAdobeと同じになったということです。これはすばらしいことです。
スペース+シフト手のひらは回転します。これはさらにすばらしい。
キー一発でツールや画面の切り替えができることも効率向上に貢献しています。
8が上、/がななめ、5が正面、4と6が横から、ツールは1が選択ツール、2が回転3が拡大です。簡易レンダリングもASDFGHあたりに割り振られていてすこぶる便利。
このようにショートカットも充実、Illustratorを使っているときのように左手が目まぐるしく動きます。
ここまでやるのなら「コマンド押している間だけ選択ツール」ってところまで欲しかった!
もう一つ特筆すべき事は、オブジェクトのダブルクリックで個別ウインドウが開いて編集できます。
複雑に入り乱れた画面の中の一つのオブジェクトを単独編集できるのは福音ですよ。
CXの使い勝手以外のもう一つの特徴はPhotoshopとIllustratorのファイルにネイティブ対応したことです。Illustratorなら9以降の.aiファイルを2Dオブジェクトとして直接読み込めるし、Photoshop画像はリンクしてレイヤーをイメージテクスチャーの各属性に対応させることができます。
いったい世の中に何人CXユーザーがいるのか、googleしてみてもわかるように結構無惨な状態です。
しかしAdobeソフトやかつてのMacOSを使い慣れた2D系大雑把系の人にとってはこれほど使いやすい3Dソフトはないと思います。
Too. Strata 3D
Strata 3D