Apple、レガシーメディアサポート打ち切りのお知らせについての雑感

QuickTimePlayer icon

Appleが昨年2018年の12月に「Final Cut Pro X のレガシーメディアについて」を公開し、QuickTimeが対応してきた多くのビデオフォーマットが10.14の後のバージョンのMacOSでサポートされないことを告げました。

“Apple、レガシーメディアサポート打ち切りのお知らせについての雑感” の続きを読む

macOS10.12 Sierra でトンネル接続

風の噂で「macOS10.12からいろいろ仕組みが変わってSSHがややこしくなってテントウ虫Coccinellidaも動かなくなった」と聞いてOSを10.12に上げることは金輪際ないであろうと思っていましたがそうもいかず、あれこれ調べたりテストしたりしました。

“macOS10.12 Sierra でトンネル接続” の続きを読む

mac 赤い点線の下線を消す方法

Macを使ってテキストを入力していると時々赤い点々の下線が表示されます。目にうるさい真っ赤の点々が現れ視界を遮りイラつかせますね。「何だこれは」と思いつつ普段は無視していますがやはりこれは消したくなります。
“mac 赤い点線の下線を消す方法” の続きを読む

写真appを自動起動させないターミナルコマンド

Digitalboo penguin

10.11 El Capitan 以降、SDカードやiPhoneを接続すると勝手に写真アプが起動してしまいます。デフォルトに指定していなくても問答無用に起動します。

ただでさえ不愉快なこのアプリ、Apertureを殺した直接の犯人でもあるからしてこいつの画面を見るだけで怒りに震えます。こいつがSDカードやiPhoneを接続する度に起動するなんて鬱陶しいことこの上なし。

これを停止するターミナルコマンドがあるということで、早速ターミナルを起動し、さくさくタイプします。嘘です。コピペしました。

すでにネットで出回っていて今更なんですが自分は最近10.11にしたのでメモっとくんです。設定を戻すときは最後を No にします。

OSX El Capitan を今ごろ試用して使用に耐えるかどうか見てみる

今ごろになって10.11 El Capitanを試してみるという感傷的な記事です。最低限の必須ユーティリティが動くのを確認し、常用に耐えうるのか最初の判断のヒントにします(2016-10-27追記)

“OSX El Capitan を今ごろ試用して使用に耐えるかどうか見てみる” の続きを読む

Snow Leopard 互換情報 -MOTU

Digitalboo penguin

MusetexからもSnow Leopard対応状況のメールが届きましたのでお知らせしておきます。

本日発売の Mac OS X 10.6 Snow Leopard へ
いち早く MOTU 製品が対応しました!
ほとんどのソフトウェアが現行最新アップデータにて対応済です。
最新アップデータをインストールすることで、
Ethno を除く全ての MOTU ソフトウェアおよび
ハードウェア製品が Snow Leopard 対応となります。

おっ。音楽用品は対応遅いもんだというのが常識ですが、頑張ってますね。
musetxの対応状況のページ。
MOTU / AudioEase 製品 OS 対応状況一覧

OS X 10.6 Snow Leopard

Digitalboo penguin

AppleがSnow Leopardを発表し、28日に発売らしいです。
目新しい新機能よりも、最適化、速度アップが中心のようです。
新機能、概要
 洗練
 テクノロジー
 ユニバーサルアクセス
 Exchange
Mac OS Xとはで、もう少し具体的な内容を見ることが出来ます。
あ、QuickTime Xですね。これ新しいですね。最適化の恩恵が期待できそうです。
「互換性」というタブをクリックすると、ExchangeやWindowsとの互換性に関するページに飛びます。
それはいいんですが、「Macとの互換性」はどうなってるんですか。
そういう記載はなかなか見つかりません。
Macとの互換性プリーズ。
(ないだろうけど)
さらに具体的にはアプリケーションとユーティリティのページでどぞ。
Leopardからのアップグレードは3300円。安っ。
Macとの互換性についての情報が不足しているので、私はもう少し待ちましょうかね。
Apple Storeでは金利1%キャンペーンも実施中。

LeopardでClassic環境なくなる

Digitalboo penguin

MacOSX LeopardをインストールするとClassic環境が使えなくなるそうです。
これは「Classicが起動しないLeopardの不具合」ではなく「Classic環境を使えなくする仕様」らしいので、アップデータでも解決しない部類の問題です。
アップルはこの件を公にしていないため、知らずにLeopardを買ってしまって被害に遭われている方も出ているようです。
Classic環境が必要な人はOSのアップグレードをしないように注意が必要です。

Wii と Apple tv のお茶の間革命について

Digitalboo penguin

お茶の間革命を目指して家電業界など各社奮闘中ですが、不必要な機能や使えない操作性、新技術の押し売りと、家庭を「浪費する機械」としか見ていない利益信仰、目的や思想や社会性が全く見えない浮ついたSTB構想にうんざりしてきた中、具体的な製品とサービスをがっつり打ち出せたのはやはり任天堂とAppleでした。

“Wii と Apple tv のお茶の間革命について” の続きを読む

SheepShaver??

Digitalboo penguin

SheepShaverというMacエミュレーターがあるそうです。
しかしこれ、いったい何をどうすれば使えるのか、見当もつきません。
日本語で書かれたページにインストール方法が書かれていますが、SheepShaverをダウンロードして起動するとしか書いていないし、設定画面は意味不明だし、どうやらROMイメージというものが必要らしいのですがそれが何であるのかもよくわかりません。MacOS9のシステムフォルダに「Mac OS ROM」というファイルがあるんですがこれのことではないですよね。
Classic環境の代替にはほど遠いようです。誰か使い方を教えてください…

Mac OS X Leopard

Digitalboo penguin

つい「レオポルド」ど読んでしまいますが英語読みではなんて言うんでしょう。レパード?
というわけで来年出る新しいMacOSXのプレビューが紹介されました。

・Time Machine

バックアップのようなものらしい。外付けを用意したら、内蔵HDDの全てを自動でバックアップしてくれるのだとか。
ひとつだけ疑問。例えば震災や火事の時、とりあえず外付けだけを持って逃げるとしましょう。後でこの外付けからリストアすることが出来るのでしょうか。それが出来れば新しいバックアップツールとして期待。

・Mail

紹介文には、リッチテキストかHTMLメールらしきものを簡単に作れるとあり、絵や写真をドラッグして鬱陶しいメールを作らそうとしています。とんでもないことをしてくれるものです。

・Spaces

デスクトップを複数切り替え?オンラインウェアでおなじみのやつですね。
あとはiChatなどが紹介されています。spotlightも少しは使い物になる改良がされていることでしょう(多分)

Classic環境はまだありません。

もうひとつ、シークレット機能があるそうです。Finderが変なことにならないことを祈るばかり。

MacOSX

MacをWindows機に. Boot Camp Public Beta 発表

Digitalboo penguin

AppleがIntelMacにWindows XPをインストールできるBoot Camp なるソフトを公開しました。
これをインストールすることによってWindows XPがインストール可能になり、Macがデュアルブートマシンになるということです。
この機能、次期MacOSXの目玉機能になるそうです。

Boot Camp Public Beta

Virtual PCと違って両OSを同時に立ち上げることは出来ず、どちらかで起動する形になるそうですのでMacというよりも純粋にWindowsマシンとしての需要に応えることになりそうです。
Macの外観に憧れていたWindowsユーザーとWindowsも必要なMacユーザーの取り込みが目的なのでしょう。どちらにせよ「Windowsマシンが必要」という点が共通です。
MacでWindowsが普通に動くとすれば、今後ベンダーの中には「Mac版は開発中止、Windowsブートで使用してください」というような撤退組も増えてくるであろうと思われます。
次の次くらいから「MacOSX」がClassic扱いとなって、さらにその次には「MacOS開発中止」で完全にAppleはMacというWindows用ハードウェアメーカーとして君臨するという目論見も可能性としてあるかもしれません。ハードウェアの商売を基本と捉えるとするなら、彼らにとってMacOSというソフトはあってもなくてもあまり関係がないと思われるからです。MacOSを捨てる事に関しては9からClassicにかけての自社顧客殺しで前科があるので実証済みです。
古株ユーザーあるいは業務ユーザーは今後しばらく「Classic環境が使えるがWindowsはエミュレーターか他マシンで」という選択と「Windowsはネイティブに動くがClassic環境(MacOS)は諦めるか他マシンで」という選択のどちらかを迫られることになります。
MacでWindowsが動くようになることで、WindowsユーザーとWindowsが必要なユーザーがMacを買うようになるでしょう。その後そういう人たちがMacOSXを使うようになる可能性があるのか、あるいはMacユーザーのほうがWindowsにスイッチするのか、その比率がどうなるのか、いよいよ見極めるときが近づいてきている気がします。

ソフトウェアアップデート MacOS 10.4.6

Digitalboo penguin

ソフトウェアアップデートからMac OS Xアップデート 10.4.6が使用できます。
結構な重量のアップデートで、詳細は以下の通り。
すべての対象ユーザの方々に、10.4.6 アップデートの適用を推奨します。このアップデートには、オペレーティングシステムの全般的な修正のほか、次のようなアプリケーション、サービス、テクノロジーに関する修正が含まれています。
– 各種のネットワーク環境におけるログインと認証
– AFP ファイル共有でのファイルアクセスとバイトレンジロック機能
– プロキシサーバの自動構成ファイル使用時のネットワークアクセス
– IP/Sec を使用した Cisco VPN サーバとの接続
– Bluetooth のワイヤレス機器の使用
– iWork ’06 や Microsoft Office の書類の Spotlight 検索
– ネットワークホームディレクトリ使用時の Word 書類の自動保存
– iPhoto 6 用の Automator ワークフローの作成
– .Mac や携帯電話とのアドレスデータ、カレンダーの同期処理
– iDisk ボリュームのマウント、マウント解除の処理
– 他社製アプリケーションやデバイスとの互換性
– 以前に、単体で実施されたセキュリティアップデート

近々、iLifeやiWorkのアップデートもありそうな気がします。
さてアップデート後再起動してさらに再起動されて、ちょっと触ってみたところ何が変わったかはわかりません。ただFruitMenu(アップルメニュー)の階層表示が早くなった気がします。気のせいじゃなければこれは嬉しい。今まで遅くてイライラでした。
それとiDiskへのアクセスも早くなっているように感じます。
Xの遅さの代名詞、ウィンドウリサイズも随分ましになっています。
(以上MDDにて体感)