iCloudのメールが消えてなくなった件

別のトラブルシューティングを行う過程でユーザーアカウント名を変えたり戻したりしている隙にiCloudのメールが消え失せたというお話。

コードエディタやFTPのアプリが起動できなくなった Panic事件の事件簿を前回書いたわけですが、

Panic 事件、発生と解決 – 存在しないサーバーのために Coda が起動できないトラブル

その過程でユーザーアカウント名を変えたり戻したりしました。そのせいかどうかわかりませんが多分そのせいで iCloud がまたやらかしました。メールが消えてなくなったんです。

iCloud Mail が消えた

デジタルデカが事件を解決して機嫌良く普段の作業に取りかかろうと届いていた筈のメールをSpotlight検索したら、何もヒットしないんですよね。あれ?またSpotlightが馬鹿になったかなと、気に留めずメールソフトの受信を目視してみましたら、受信メールが見事に消え失せていました。正確には本日と昨日の分はあったんですが、それ以前のが何もない。

最初はメールソフトの見え方だけのトラブルかと思いました。それで、icloud.com にアクセスしてメールを確認したんですが、そこにも一昨日以前のメールがない。やたらすっきりしています。

iCloud は削除したデータを復旧できるそうなので、ゴミ箱やそれらしいところを探ってみますが何もない。復旧もなにも、何もありません。なくて当たり前みたいな顔をしてやがります。

iCloud Mail がまたやらかしたな。

メールがすべて消え失せたのはとんでもないことですが、ところで、 iCloud Mail というのはあまり信頼できるものではありません。

届く前にメールを勝手に消滅させる

届く前にメールを消すクセがあります。これ例えばですね、テストで新しいドメインから自分宛に出したメールが届かないので気づいたんですが、迷惑メール判定以前に、何やら勝手にスパムと思い込んで受信せず消すんです。wordpress.com や特定ドメインや特定のメールアドレスでこれまでそういうことがありました。大事なメールが受信前に消されることも一度や二度や三度や四度ではありません。多々ありました。ですので気をつけて大事なやりとりに使わないようにはしています。

気をつけていてもついつい使ってしまうので、大事じゃないメールと言えども消し飛んでしまうのはマズいです。

でも消えたものは仕方がない。戻しましょう。

TimeMachine でメールを復旧

ということで TimeMachine に入っていきます。メールをアクティブにしていると、普通のTimeMachine画面とはちょっと違う表示になります。

TimeMachine画面「復元をクリックして、各アカウントの受信ボックスを修復します」
「TimeMachine画面「復元をクリックして、各アカウントの受信ボックスを修復します」

特定の受信フォルダをアクティブにしているとこんなふうになりますね。

TimeMachine画面「復元をクリックして、iCloud 受信ボックスを修復します」

日付を1、2日遡ると無事なころのデータがあったので「復元」しました。

これで復元されるかと思ったんですが、ちょっと様子が違います。受信は復旧されず、ローカルにTimeMachineから復元されたフォルダが出来ていました。

TimeMachineフォルダ

ここから受信boxを選んで戻していく必要がありそうです。ちっとも「受信ボックスを修復」してないやん。

フォルダ内のINBOXからすべてのメール選択して iCloud の受信ボックスにドラッグしました。8000件ほどあったのでメールソフトが固まったかと思うぐらいに動かなくなって、そんで、しばらくたって気づきましたがほんとうにフリーズしていました。

再度メールを起動して同じ事を繰り返そうとしたら、TimeMachineフォルダ内からメールから消えていて、そして iCloud の受信箱に何も入っていませんでした。また消えやがった。

メールを読み込む

TimeMachine からの復旧を一旦やめて、別の方法を試みました。

TimeMachine ボリュームから直接 Mail フォルダを引っ張り出してどこかにコピーして、メールソフトからそれを「読み込み」ます。

読み込みました。

mailboxを読み込んだ

名前がわかりにくくなっていますがちゃんとメールが入っています。ここから復旧しましょう。

iCloud のメールを受信boxにドラッグします。

しかしまたもや上手く行かず、メールソフトがぐだぐだになりました。

受信boxではなくて、下方にある iCloud の INBOX に入れてみましょうか、と思って INBOX に放り込みました。

INBOX

すると何やら蠢き出す気配。でもやっぱりぐだぐだになり、修復されたメッセージとやらが次々に現れたりしました。

「修復された」 修復されたメッセージ

もうどうでもいいや、ってなって、そのまま放置すると、翌日にはINBOXが空になり、受信boxに移動していました。何とか治ったようです。

ただ、復旧してきたメールボックスには 8000くらいのメールがあるのに、受信boxに入ったのは5000個くらいでした。何かが復帰していません。

復旧したり読み込むだけでよかった

けっこうグダりましたし、気持ちよく修復された状態とはほど遠いのですが、これはあれですね、復帰させたあと無理矢理受信boxに入れようとしたことが間違いでした。

古いメールは時系列で見るより検索して見つけますから、どのメールボックスに入っていようが関係ないんです。メールソフト内のどこにあってもいいわけですから、受信ボックスに戻すために四苦八苦したことはわりと無駄だったと思います。

あと、今更ですが思ったことは、~/ライブラリ/Mail/ ですね、これのバックアップがあるんだから、フォルダごと入れ替えればそれが一番手っ取り早かったようにも思います。

本日の教訓

クラウドにデータがあるから大企業が上手くやってくれる筈、だから安心。などと思わずに手元にバックアップを取っておくべし。