iCloudによるMobileMe消滅。代替を探す

Digitalboo penguin

更新ストップしているDigitalbooです。久しぶりの話題はiCloudによって消滅するmobilemeの代替を探す旅です。

※この記事はMacユーザーでMobileMeユーザーで、今後どうしようと思っている人向けです。

まずは確認から。MobileMeの移行とiCloudについてのよくあるご質問

消滅する機能は、iWebへの公開、MobileMeギャラリー、iDisk、Macとの同期(各種設定やキーチェーンなど)です。

iWebへの公開、MobileMeギャラリー

iPhotoやApertureから一発でかっこいいウェブサイトやギャラリーサイトが作れるというアドバンテージが失われます。

これの代替は限定的ならいくつかあります。FacebookとFricrです。
これらは現バージョンのiPhotoとApertureで送信ボタンが用意されていますので、使い勝手的には同じように扱えます。ただしFacebookもFricrも、できあがるギャラリーのデザインは酷いものですので、デザインや見た目まで含めた代替にはなり得ません。というか、その条件では代替システムはないと言っていいでしょう。

代替はないので、デザインか機能かを選択するという妥協しかありません。デザインを取るならウェブサイトを自力で作成するべきでしょう。普通のサイトでもいいしWordpressのプラグインを利用する手もありでしょう。
ワンクリックで一発作成の利便性をとるならFacebookかFrickrを使うしかありません。

もっと妥協して、単に公開ギャラリーを作れればいいならいくらでも選択肢があります。DropBoxなどのストレージサービスやPicasaなどを利用する手です。Apertureなら、プラグインによる書き出しを実現できるものもあります(追記。Apertureのプラグインはことごとくなくなっています)

このへんまで来ると妥協しすぎて腹が立ってきます。

iWebはすでにAppleによってなかったことにされています。

まあいろいろ苦労させられたし、いつまでたっても中途半端な出来損ないのソフトでありましたが、それでも「かんたん便利、早くて綺麗」というこのソフトの長所を体感できる他のシステムはありません。
iWebの代わりは何かあるでしょうか。私はWordpressに移行しましたが、あれはあれで超難しいので、普通の人が「写真撮った。田舎のばあちゃんに見せよう。ポイポイ、クリック、はいできた。クール。メールでお知らせ。見て見て」みたいなわけにはいきません。

MobileMe Gallery がポイ捨てされるのは大きな痛手です。これの代替は、Appleが用意する以外にないでしょう。いずれやってくれるとは思ってるんですがわかりません。たいへん残念です。

MobileMe Gallery を偲んだり

アップル-Aperture-他社製プラグインとツール

iDisk

便利なiDiskはiTools時代からお世話になっていました。ずっと使ってきたので、代替サービスがいろいろあることすら知りませんでした。時代が進み、ふと気付くとiDiskみたいなストレージサービスだらけです。
ただ、iDiskの何が便利って、Finderとの一体感なのでありまして、ここを求めると実質ほとんど何もありません。こちらも妥協していくしかないのが現状です。
どういう機能と使い勝手を重視し、どういう部分を妥協するか、ここのところに注目してみましょう。

ストレージサービスというものにいくつか登録してみました。いろいろありますが取り敢えず以下の三つ。

DropBox

DoropBoxというフォルダが作られ、その中において中身が同期されます。「Public」フォルダはiDiskのパグリックフォルダと同じく、公開することができるフォルダです。「Photos」フォルダはフォルダごと公開されるフォトギャラリーに適したフォルダです。あとはDropBoxフォルダ以下に好きにフォルダを作って、同期させる自分のファイルを置いておけばいいだけです。
iDiskはMacユーザー同士で共有できました。DropBoxもユーザー同士で指定フォルダを共有できます。
iDiskはディスクでしたが、DropBoxはフォルダです。その違いだけ理解すればiDiskとほとんど変わりなく使えそうです。

「Public」フォルダに入れたファイルをDropBoxのユーザーではない誰かに渡したいときには、ファイルを選んでメニューを出し「パブリックコピーのリンク」を選びます。するとURLがコピーされます。このURLはブラウザでアクセスできます。
残念ながらパブリックコピーのリンクはパスワード保護ができません。Publicは誰でもアクセスできてしまいます。
iDiskにはパスワードによる保護がありましたがそれがないので、重要なファイルを誰かに渡す使い方ができないというのは致命的でした。また、フォルダをこの方法で共有できませんでした。
iDiskに比べるとかなり劣りますが、妥協するしかありません。

無料アカウントは2GBまで。お友達紹介によってボーナス250MBが双方に付きます。アカウントを持っていないあなたがこちらをクリックして申し込めば、私とあなたに250MBの追加ボーナスがいただけるという案配です。ぜひどうぞ。
DropBox ボーナス付きリンク

SugarSync

SugarSyncはDropBoxの対抗馬みたいに言われています。より高機能です。
DropBoxとの違いは、同期させるフォルダを自由に選択できるという点です。iDiskなら「iDisk」というディスク、DropBoxなら「DropBox」というフォルダを使うという単純明快な理屈ですが、SugarSyncはどんなフォルダでも同期フォルダとして指定できます。これはこれで大変便利で、上手く使えばいろんな可能性を秘めていると思われます。しかしその分、同期フォルダを管理する必要があり、面倒くさいことになります。管理のための使いにくいソフトウェアをダウンロードして使用していかねばなりません。
DropBoxにおける「DropBox」フォルダと同じ役割のものは「マジックブリーフケース」という名のフォルダになります。言葉一つとってもややこしいですね。最初「マジックブリーフケースって何やねん」とさっぱりわかりませんでした。

ユーザー同士ではない誰かにファイルを渡したいときは専用ウェブサイトからファイルを選択し「パブリックリンクを取得」を選びます。DropBoxと同じような方法です。で、やはりパスワードで保護することが出来ませんし、フォルダを指定することが出来ません。

同期させるフォルダを自由に選べるという機能は、MobileMeの同期機能の代替になりえるでしょうか。
現在、どうでもいいフォルダを使って実験中です。
現時点での中間報告ですが、同期できるのがフォルダ単位でありファイル指定ができないのが少々痛いです。日本語変換辞書、キーチェーンファイル、メールの設定、同期させたいものはわりとファイル単位だったりします。フォルダごと同期させなければいけないのがちょっとつらいところ。
それと、これ大事なところですが同期の安定と信頼が今一歩です。実験で同期しているフォルダも、頻繁に同期ミスが起きます。いつまでたっても同期してくれない宙ぶらりんなファイルが発生したり、そのために重複ファイルがいくつも発生したりなどの問題が出てきています。まだメール設定を含むフォルダやキーチェーンなどを同期させる勇気が出てきません。
MobileMeが終了する6月までに、安定したバージョンが出てきてくれればいいのですが・・・

無料アカウントは5GBまで。お友達紹介によってボーナス500MBが双方に付きます。アカウントを持っていないあなたがこちらをクリックして申し込めば、私とあなたに500MBの追加ボーナスがいただけるという案配です。ぜひどうぞ。
SugarSync ボーナス付きリンク

Nドライブ

Naverが行っているサービスです。無料アカウントが30GBと太っ腹。

専用アプリケーションをインストールすると、iDiskのようにNドライブというディスクがマウントされます。フォルダではなくマウントされたディスクの体を成しますので、iDiskと違和感がありません。
DropBoxやSugarSyncとちょっと違って、同期という概念ではありません。単にネット越しのディスクって感じです。その意味でもiDiskに近いです。

ユーザー同士ではない場合の受け渡しは専用ウェブにアクセスしてアイテムを選択、コンテクストメニューを出し「共有管理」から「URL共有」を選択します。この専用ウェブサイトは、わざわざコンテクストメニューを出さねばならなかったり、アイテムをクリックではなくダブルクリックしなければならなかったり、少々使い勝手が悪いです。
で、このURL共有ですが、DropBoxやSugarSyncと逆に、ファイルに対しては行えずフォルダに対して行えます。そして、パスワード保護が可能です。これはありがたい。この挙動はiDiskと同じですね。

Nドライブは無料の容量も多いし、フォルダ単位で限定公開ができ、ディスクのように振る舞うという点でiDiskに最も近いかもしれません。
ただ、残念なことに頻繁にエラーが起きます。何かにつけて接続が切れましたとエラー表示が出てきて、起動し直したり再接続したりします。もうちょっと安定してくれればありがたいのだけれど。
もう一つ、専用ウェブサイトのUIが悪くて使いにくいのが欠点です。うっかり「マイページ」なんていうのをクリックしたら訳のわからないページに飛ばされてしまいます。
よいところはiDiskの使い勝手に最も近いこと、容量が多いこと、サイトが日本語であることなどです。iDiskの代替としてはもっともふさわしいと思えます。
近ごろはDropBoxやSugarSyncみたいな同期機能を付けようとしているらしいです(現在ウインドウズのみ。こういうのが信頼を損ねる)
Nドライブ

その他のストレージサービス

他にもいろいろあるそうです。いちいち試していないので詳細はわかりません。いいのがあれば教えてください。
Yahooボックスというのもアカウント作って試してみましたが、あれは全然使い物になりませんでした。現在Mac未対応です。

同期

さて、MobileMeが失う最も重要なサービスは同期機能です。
システム環境設定の設定、日本語変換辞書、キーチェーン、メール設定などの同期は、複数Macを使っている人にとっては素晴らしいサービスでした。これの代替など可能でしょうか。
不可能でしょう。
でも似たことは出来るかもしれません。

SugarSync

先程紹介したSugarSyncの同期機能です。すでに書いたように、甚だ信用できない不安定な機能です。これが安定すると十分使えるかもしれません。

ファイルシンクロソフト、バックアップソフト

あまり知りませんが、フォルダ同士をシンクロするソフトはたくさんありそうです。クラウドを利用したネット越しの同期は便利ですが、より安定したローカルネットワークでの同期を前提にすると、こうしたシンクロソフトを使う方がもしかしたらいいのかもしれません。
シンクロソフトと、動作の安定したDropBoxを併用することによって理想的なシステムができあがるかもしれません。
ですが設定がややこしいことになり、出鱈目な性格の人間(私のような)は管理不能状態に陥ることが目に見えています。

シンクロの注意点

同期したい項目の多くがライブラリの中にあります。
OSのバージョン違いがどう影響するのかも見定めなければなりません。フォルダ以下のファイルの作り方がOSのバージョンで異なっていれば同期することによってどちらかが破壊されて一大事です。
だからまず同期したいライブラリ項目の中身をよくよく吟味して、お互いコピーしあっても大丈夫かどうかチェックすることが重要です。面倒くさいけどしかたありません。
個人的にはメールの設定と日本語辞書、キーチェーンが最重要項目です。これらの同期が異なるOSバージョン同士で実現すれば勝利と思っております。

コメントを残す