iWebは使用できるか 番外編

Digitalboo penguin

人には誰も欠点がある。目的外の使用法をけなしてもだめです。
iWebは非常に転送が遅いです。
iBlogより、GoLiveのco-Autherより、なにより遅い。だから、これはブログのような頻繁な更新をしてをしてはいけないソフトであります。
ブログ風の、時々更新する重くて可愛いサイト、それがiWebの目指すサイトです。一般のブログと比べてはいけません。
そう思うと気が楽になるでしょ?それでいいのです。
iWebが最も威力を発揮するのはiPhotoとの連携による写真サイト、podcast、それにムービーや画像の低頻度更新サイトになります。
実際に私もババネンズをiWebで作り直そう と思って挑戦してみました。
・・・結果、ムービーコントロールができないのと、使い回すオブジェクトがページ毎に1個ずつ全てアップロードされるのを見て驚いて断念しました。結局GoLiveで作り直しました が、画像を一々変換するのがやはり面倒ですよねえ。iWebには、画像を簡単に変換してくれる優れた機能があるので、いつか相応しい目的を思いつけば何か作ってみたいと思っています。

コメントを残す