iWeb – ArchiveとBlog のcss改変

Digitalboo penguin

BlogやPodcastでは、リストとアーカイブのページが自動的に作られます。
しかしフォントがデカすぎてみっともない。何とかもうちょっとマシなものにしたいところです。
公開されたフォルダを覗いてみると、簡単な場所にcssファイルが作られていました。
 サンプルサイト ではこのページ に関連しています。
公開されたフォルダを見てみると、iWebフォルダの中にそれぞれのサイトフォルダが、サイトフォルダの中にそれぞれのページフォルダがあります。
ブログ系のフォルダの中にはブログ名を冠したリストページとアーカイブページのフォルダが見つかります。”Archive_files” と ” (blog名)_files” ですね。
この中にcssファイルがありますので、エディタで開いてフォントの大きさやなんかを変えてしまいます。
テンプレート改変と異なり、cssファイルはコンパクトで中身の把握も容易いです。
.Summary_Date_Archive
.Summary_Read_More_Archive
.Summary_Title_Archive
こういった括りになっているので、font-sizeやline-heightなどの数値を変えて保存。
キャッシュの悪さに気をつけてリロードするとちゃんとウェブサイト上で反映されていることが確認できるでしょう。
気になることは、iWebを更新するたびに、せっかく書き替えたcssがデフォルトに戻ってしまうのではないかということです。
これに関してはよくわかりません。戻ってしまうこともあるし、書き替えたものが生きていることもありました。
面倒ですがこれは手動で行うことしか思いつきません。よくわからないからです。
私は公開先のフォルダのエイリアスを使ってポイポイと放り込むような手筈を整えましたが、今のところ更新しても毎回cssが初期化されてしまうことはないみたいで一安心です。

コメントを残す