MacをWindows機に. Boot Camp Public Beta 発表

Digitalboo penguin

AppleがIntelMacにWindows XPをインストールできるBoot Camp なるソフトを公開しました。
これをインストールすることによってWindows XPがインストール可能になり、Macがデュアルブートマシンになるということです。
この機能、次期MacOSXの目玉機能になるそうです。
Boot Camp Public Beta
Virtual PCと違って両OSを同時に立ち上げることは出来ず、どちらかで起動する形になるそうですのでMacというよりも純粋にWindowsマシンとしての需要に応えることになりそうです。
Macの外観に憧れていたWindowsユーザーとWindowsも必要なMacユーザーの取り込みが目的なのでしょう。どちらにせよ「Windowsマシンが必要」という点が共通です。
MacでWindowsが普通に動くとすれば、今後ベンダーの中には「Mac版は開発中止、Windowsブートで使用してください」というような撤退組も増えてくるであろうと思われます。
次の次くらいから「MacOSX」がClassic扱いとなって、さらにその次には「MacOS開発中止」で完全にAppleはMacというWindows用ハードウェアメーカーとして君臨するという目論見も可能性としてあるかもしれません。ハードウェアの商売を基本と捉えるとするなら、彼らにとってMacOSというソフトはあってもなくてもあまり関係がないと思われるからです。MacOSを捨てる事に関しては9からClassicにかけての自社顧客殺しで前科があるので実証済みです。
古株ユーザーあるいは業務ユーザーは今後しばらく「Classic環境が使えるがWindowsはエミュレーターか他マシンで」という選択と「Windowsはネイティブに動くがClassic環境(MacOS)は諦めるか他マシンで」という選択のどちらかを迫られることになります。
MacでWindowsが動くようになることで、WindowsユーザーとWindowsが必要なユーザーがMacを買うようになるでしょう。その後そういう人たちがMacOSXを使うようになる可能性があるのか、あるいはMacユーザーのほうがWindowsにスイッチするのか、その比率がどうなるのか、いよいよ見極めるときが近づいてきている気がします。明らかなのは「MacOSだけを使うMacユーザー」が今後ますます減っていくということでありましょう。

コメントを残す