Affinity Publisher パブリックベータを試した

ずっと開発中と公言されていたAffinity Publisherのベータ版がやってきました。

広告

ベータ版で尚且つ英語版のみなので「何となくこんな感じ」ってのを掴むベータ版です。あまり深入りせずちょっと試してみましょう。

Beta版に合わせて、チュートリアルビデオも用意されました。

ユーザーインターフェイス

新規書類を作ってみますと、インターフェイス全般はAffinityのPhotoやDesignerと同じ感じです。正直、インターフェイス回りの出来は良くないんです。何かと面倒臭い構成になっていて、ツール選択のショートカットが効かなかったり、セパレート表示の時にパレットにだけ影がなくぺたーっとしていて視認性が悪かったりウインドウリサイズが最適化されず名一杯デカくなるだけという情けない仕様だったり、やや困ったちゃんです。このアプリ、基本アプリケーションウインドウの中で完結させようというWindowsの作法で作られていますからセパレート表示があまり詰めて作られていないんですね。

余談:ウインドウリサイズの間抜けっぷりは特にPhotoで痛感します。Photoshopのウインドウリサイズはやっぱ優れてますよね。拡大縮小に追従して自由自在です。設定で微調整もできますし、Designerはともかく、Photoのリサイズは致命的です。

Affinity Publisher beta 全体
セパレート表示はこんな感じ。Affinityの他のソフトと同じですね。ウインドウリサイズの件と影なしパレットが残念。

UIの不出来について、応援しようと買った当初は「出たばっかだから今はこんなのだけど直してくるでしょ」と思ってましたが、黒いUIが明るくなったことを除けばまったくその気配もなく残念な結果でした。

Publisher

で、PublisherというくらいですからワープロじゃなくてDTPアプリを目指しているわけですね。何と、私はDTPアプリには全然詳しくありません。InDesignなんか高機能すぎてあたふたしているだけです。ですのでまともな評価はきっとできません。でもBeta版ダウンロードしました。

日本語組版

Affinity Designerを見ても判る通り、文字の扱いに関してはあまり大したことができないと見込まれます。縦書き不可だし、現状デフォルトで禁則処理すら上手くできない場合があります。

禁則処理なし
△で見にくいですが「。」が行頭に

禁則処理の設定はどこでやるんでしょうか。まだ英語版なせいもあって設定がどこにあるのかわかりませんでした。

text例 2
先が思いやられます・・・

Illustratorや、ましてやInDesign日本語版のような専門的な使い方は想定していないのだろうと思いますが(そのようなアプリケーションは大がかりで高額になります)、現時点Beta版では細かな調整や設定などはちょっと難しいことになっているようです。Illustratorとタメ張るくらいの出来になればもうそれは大喝采ですが現実は厳しいだろうと思われます。

それらしいパレットを触ってみましたが、普段ベタやアキのプルダウン選択に慣れてるので、やっぱりちょいとややこしい感じですね。細かい調整もどこかで出来るようになっている筈と思いますがまだよくわかりません。八分とか四分とか設定できるようになるでしょうか。ならない気がします。

尚、ベータ版ゆえ、ちゃんと動作せず画面が変なことになったりしますがそれはご愛敬。フォーラムでも既知です。

Affinity Publisher beta work
軽く触ってみたところ。基本的な機能は備えてます。細部を調整しようとして断念。Betaに日本語機能は入っていません。製品版でも日本語専用機能が追加される可能性は限りなく低いと思いますがわかりません。ところでパレットに影がないのがほんと使いにくいの。

日本語に関する問題は他にもありますね。

まずKarabiner-Elementsが効きません。これが地味ですが強烈に痛いです。Betaが取れたら動いてほしいですねえ。あとAtokとの絡みで面白いことになりました。

「。」が行頭にきている画面で「禁則処理が出来ていない」とか何とか入力しようとしていたんですよ。勝手に変な文字がぷりぷりぷりと入力されてしまい笑えます。なにより推測変換になぜキングオブキングスが出てくるのか、推測変換はヤバいですね。禁則ショアって何ですか?聞いたこともない言葉が勝手に出てくるのはAtokの忌々しいところです。このあとMacもろともフリーズして強制再起動いたしました。Beta版だからこういうこともあります。気にしない。

Affinityが優位な点

AffinityがIllustratorより優位な点は、カーニングにしろ何にしろいろいろ選びながら即時に反映されるところですね。これはPhotoの画像処理でもお馴染みでAffinityの強みです。

Illustrator

Adobe Illustratorは高機能で、使う人によってその使い方はさまざまです。簡単なDTPソフトとして使う人もいます。私がそうです。少ないページ数のDTPや版下に使っています。パスの自由度が高くてデザイン制作しながら同時に版下を作ってしまえるという、InDesignより圧倒的に使い勝手がいいからです。出版社じゃないですからそういう感覚になります。日本語組版の機能も、InDesighほどスマートでないにしてもかなりのところまで追い込めますからね。

Publisherは何の代わりになるか

PublisherがIllustratorの代替になってくれればめちゃんこ嬉しいのですが、PublisherがIllustratorを目指してるのかInDesignを目指しているのかPageMakerを目指しているのか、現時点ではちょっと微妙にわからないところもあります。

試しに触ってみたところPageMakerに近いかなと感じました。PageMaker を失って以来十数年困り果てていた私にとっては福音かもしれません。Illustratorの代わりになれなくてもPageMakerの代わりになるんならそれだけで大喜びです。製品版までに組版のレベルがもう少しましになってくれれば上等です。

さらに・・・

そうなるともうひとつアプリケーションの開発に期待したいところがあります。それはもちろんデジタルイメージの管理ソフトです。これが現状ないから歪なことになってるんです。画像配置のツールを選んでダイアログが出てくるとがっかりですもんね。

イメージ管理ソフトとはもちろんApertureみたいなものを指します。現状、この世に優れたイメージ管理ソフトは存在しません。昔PageMakerがAldusだったころは画像カタログソフトがありましたがこのジャンルの製品はほぼ全滅しました。しかし今こそ必要です。そこでAffinityにはぜひApertureそっくりの画像管理ソフトを作ってもらって、PublisherやDesignerと連携できるようにしてほしいなと願望を持ってます。

Affinity Publisher iconAffinity

 

広告
カテゴリーソフトウェアタグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください