Lightroom vs Aperture

Digitalboo

Adobe Photoshop Lightroomが正式に発表されました。
LightroomにPhotoshopブランド名が冠されたのですね。Lightroom

さてさて気になるのはApertureとの比較です。
Photoshopとの連携、ハードウェア互換性に関してはLightroomに、画像ファイルの管理やスマートさではApertureに軍配が上がりそうです。

Apertureはハードウェア条件が厳しすぎてインストールできない層が多くいることから、Photoshop CS3の発売と同時にLightroomがAppleを引き離す可能性があるかもしれませんがわかりません。

Lightroomの管理機能は相当に貧弱で、ほとんど管理は出来ません。「現像ソフト」と名乗る意味がわかります。これは管理の真似事がちょっとだけ出来る現像ソフトです。

Apertureは現像ソフトというよりも、現像や画像調整もできるデジタル写真管理ソフトです。管理機能は比較にならぬレベルで圧倒的です。

どちらの機能を重視するかによって人それぞれ優劣を感じると思います。

ちなみに、そういう難しい話はさておいて、ユーザーインターフェイスや画面のデザインや色、使い勝手や使い心地、速度やレスポンスの良さ、そういったことに関しては 私個人の印象はApertureが圧勝で比較になるレベルにありませんでした。