Aperture: iPhotoライブラリを読み込まない問題 2

Digitalboo penguin

前回の記事で問題を解決できたと思っていたらまだあったという話

Apertureは、PICTファイルもムービーファイルも管理できないので、全てのメディア管理はiPhotoでやっています。そしてiPhotoのライブラリをApertureに読み込んで写真の管理をしています。二重の管理をしています。面倒くさいけど一長一短なので泣く泣くそうしています。

ApertureがiPhotoのライブラリを認識しない不具合について少し書きましたが(ApertureでiPhotoライブラリを読むとき)まだ問題は全解決していませんでした。

前回発見した名前のルールを守っていても、どうしても写真を認識してくれない別のパターンがあることに気づきます。

iPhotoのイベント名は認識しても、その中にある写真を一切認識しない。「イメージなし」の表示です。こういうことがありました。何事が起こっているのでしょうか。

よくよく調べれば原因というか、理由がわかりました。
iPhotoのイベントの中に、ムービーファイルが混在していると駄目のようです。

ムービーファイルがイベントの中に混ざっていると、そのイベント内の写真すべて、Apertureが「イメージなし」と判断します。で、ムービーファイルだけを別のイベントに移動させると、残りの写真が認識されました。

これはApertureの問題なのか、iPhotoの問題なのか、どちらかはわかりません。普通に考えてApertureの不具合ですが、iPhoto06の頃は問題が発生しなかったので、iPhotoの問題なのかもしれません。
また、ムービーファイルに起因する問題かもしれず、kodak V705で撮ったムービーファイルに限って起こる問題かもしれません。
そのあたりは検証するための色んなカメラや、iPhotoの色んなバージョンを持っていないので判断不能です。

FCPも更新されたし、そろそろApertureも更新されないかなあ。もしかしてまたいつものように「なかったことにする」リストに追加されるんでしょうか・・・Aperture、今はアレですけどいい素質あるんでポイと捨てずに育ててくださいお願いします。

 

広告
カテゴリーソフトウェア, 写真部タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください